棋戦情報

【第21回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦・第12戦】大会史上初の再試合

局面をリードしていた朴九段、機材トラブルで無勝負に

8月20日にネット対局で「第21回農心辛ラーメン杯世界最強戦」第12戦が行われました。
朴廷桓九段は、機材トラブルで時間切れになったため、再戦になりました。
明日10時に范廷鈺九段と再戦、勝利すると15時に謝爾豪九段と対決します。
以下にこれまでの戦績をまとめたので、参照ください。(左側が勝者)

 

対局日 開催地 勝者 敗者
第1戦 10月15日 中国・北京 元晟溱九段 村川大介九段
第2戦 10月16日 楊鼎新九段 元晟溱九段
第3戦 10月17日 楊鼎新九段 山下敬吾九段
第4戦 10月18日 楊鼎新九段 金志錫九段
第5戦 11月22日 韓国・釜山 楊鼎新九段 一力遼八段
第6戦 11月23日 楊鼎新九段 李東勲九段
第7戦 11月24日 楊鼎新九段 許家元八段
第8戦 11月25日 楊鼎新九段 申眞諝九段
第9戦 11月26日 井山裕太九段 楊鼎新九段
第10戦 8月18日 ネット 朴廷桓九段 井山裕太九段
第11戦 8月19日 朴廷桓九段 羋昱廷九段
第12戦 8月20日 朴廷桓九段―范廷鈺九段、無勝負
第12戦(再試合) 8月21日

【残りの選手】
中国:柯潔九段、范廷鈺九段、謝爾豪九段
韓国:朴廷桓九段

 

以下の理由で再戦が認められました。(こちらの記事を参照)

・ビデオ判定で、朴廷桓九段は着手する動きがあったこと
・機材トラブルが原因だと認められたこと

トラブルが発生し、1時間以上の確認が行われました。
場所を選ばず、棋戦を行える反面、ネット特有の問題を抱えています。
※下の動画は、時間切れした時の様子です。クリックしても打てません。

 

 

 

ハイライト1「足早な安全確保」

黒番は范廷鈺九段、白番は朴廷桓九段。
黒1に、白2以下で右辺と下辺を補強したのが機敏。
弱い石がなくなり、コミの活きる穏やかな進行になりました。

 

参考図1 「ダメ場を走らせる」

黒2と反発されても、白3以下と攻めれば白十分です。
黒の厚みは、△によって働きを奪われています。

 

ハイライト2「厳しい追求手段」

黒1に、白2がサバキを許さない好手。
厳しく追求したい時、選択肢の1つに入れたいです。

黒3、5には、白6以下で左辺と上辺を固められます。
左上の黒を攻める狙いもあり、白打ちやすいです。

 

参考図2 「サバキの常套手順」

白1と受けた場合、黒2以下のサバキがあります。
事故が起こりづらい変化で、よくこの形に収束します。

 

ハイライト3「勝負手をかわし勝勢へ」

黒1の勝負手に、白2以下と反撃します。
白は右辺さえシノげれば、優勢を確保できます。

黒7と強引に追求されても、白8以下で支えられます。
白Aを見られているので――、

黒19と守らざるを得ないところ。
白24まで、AとBを横目に、右辺をシノいで白成功です。
ただ、この後に機材トラブルが発生し、無念の無勝負となりました。

-棋戦情報

© 2020 okaoの囲碁研究所