珍しい戦い方で切り開く「斬新なヘコミ手法」


黒番はJinYC三段、白番は陳昱森五段。
白2に黒3以下と強襲するのが面白い手法。
白Aのツケまで踏み込めないので、シノギは容易ではないです。


棋譜から戦い方を学ぶ

戦闘力を上げるコツの1つは「棋譜を見る」ことです。
今回紹介するような手段を知っていると、相手の意図を崩す助けになります。
「戦いを仕掛ける一手が命運を分ける」ので、読みと同様に知識も増やしたいところです。

 実戦譜「主導権を握る」


白1、3に、黒4以下で黒有利な戦いです。
左上の白は不安定なので、上辺に踏み込みづらく、黒模様は見た目以上に深くなっています。
模様をまとめるテクニックは「弱い石を残しながら広げること」です。


参考図1「力関係が変わる」


黒1から7でも、実戦と似た進行になります。
ただ、白8以下と眼形を厚くされるため、厳しく攻めるのが難しいです。


参考図2「アルファ碁手法」


最強囲碁AI・アルファ碁は、黒1を示した例があります。
白2、4と守られる代償に、黒5など大場に走って対抗する意図。
正面から戦うのではなく、大局的に背中を追うAIらしい発想です。

まとめ

黒1から5は、白Aを防いで厳しい攻めを実現する面白い工夫です。
こうした発想は、通常の戦い方では活路を見出せない時に役立ってきます。
自力でひねり出すのは難しいので、棋譜を見て発想の幅を広げるのが大切です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする