相手の意図を崩す戦術「手抜きの発想」


黒番は王泽锦六段、白番は廖元赫八段。
白1、3のツケ二段に対し、黒4と受ける実戦例をよく見ます。
ここで、白5と手抜きして大場に走るのが面白い手法でした。


斬新な発想で「局面を切り開く」

AIで誰しも無数の変化を調べられる時代になりました。
これからは「正解を求める」より、「新しい発見や問いを作る力」が求められます。
本局のように、面白い発想が表れると「自由な発想で打つ楽しさ」が広まるかもしれません。

 実戦譜「スピード重視」


黒1、3と隅を固められても、手抜いた場で白4と治まったので白悪くないです。
白は左下に先行しており、全局的には足早な展開と言えます。


参考図1「黒の意図」


白1のツギが無難な受けです。
ただ、白3と守る必要があるため、黒4と下辺に走られます。
実戦進行は、黒に大場へ走られる展開を防ぐ意図がありました。


参考図2「黒の意図」


白1には、黒2以下と隅を固めます。
白7と右上を補強するなら、黒8と下辺に回れるので黒悪くない展開です。

まとめ

黒2、4の受けは、右上の白を重くして先手を取る意図があります。
そこで、白5と手抜きで大場に走ったのが、黒の想定を覆す面白い着想です。
大場へ走りたい場合、手抜きするのが有力かもしれません。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする