手番重視の足早戦術「石を重くする工夫」


黒番は檀嘯九段、白番は趙晨宇八段。
黒2と白3を交換し、黒4と守る手法がよく見られます。
白を守らざるを得ない状況にして、黒は手番を奪って足早に展開する意図です。


石を重くして、局面をコントロールする

相手の動きを支配するには「手抜きできない」状況を作り出すこと。
予測できる進行へ導き、自分が描いた構想に持っていくのが理想的です。
「石を重くする」のは、序盤を有利に進めるテクニックの1つです。

 実戦譜「足早な展開」


実戦は白1から5と手堅く守る進行を選択。
黒6以下と大場に走り、黒は左上と左辺を占めることに成功します。
何気ない進行に見えて、水面下では様々な要素を含んでいます。


参考図1「僅かな差だが…」


単に黒1と受けても、実戦に似た進行になります。
ただ、黒Aなど上から利かせないので、若干もの足りないです。
白Bなどの動き出しに備えた援軍を送れないからです。


参考図2「最近の攻め方」


黒1と二線から迫るのが、よくある実戦進行です。
白2には、黒3以下と根拠を奪いながら攻めます。
左上の白が弱いので、白が左辺に打ち込んできても黒は戦えます。

まとめ

白1に対し、黒2以下が主流の受け方です。
白に変化の余地を与えず、左辺の守りを強要できる長所があります。
足早に局面を展開したい場合、この手法を使ってみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする