模様攻略のカギ「小目のツケ手法」


今回は模様を消す時に使える「ツケの新手法」を紹介します。
小目を起点とする模様は、新手法で簡単に荒らせるのが現代の常識になりました。
この手法を知っていると、楽に模様を攻略できます。

今回のポイント
・勢力圏で十分な形を築ける
・難しい技術は不要

想定すべき図は4つだけです。
難しい変化になりづらく、非常に扱いやすい有力な手法。
幅広い棋力の方が使えるので、ぜひ習得してみてください。

 テーマ「消しの新手法」


白1のツケが模様を制限する新手法。
相手の出方を見て、自在に整形できるのが、この手法の長所です。

 参考図1「弾力ある形」


黒1のノビは、白2以下と整形します。
黒Aには受けず、白は大場へ走れるのが自慢です。
白Bとコウに弾く手があり、見た目以上に弾力ある形なのです。

 参考図2「軽い石運び」


黒1と手堅く受けるなら、白2と軽く消します。
黒3で下辺を固められても、AやBの利きができるのが大きいです。
この形でも、白は手抜きして大場に走れます。

 参考図3「勢力圏の居直り」


黒1は白2以下で十分な布陣を築けます。
下辺も大きいものの、勢力圏で十分な形を築けた白の戦果が優るでしょう。

 参考図4「実利が大きい」


黒1から5と封鎖するのは、白6と隅を大きく荒らせます。
隅の地もそれなりで、この図になれば白成功です。

まとめ

黒はA~Dの手段があるものの、いずれも白悪くない結果になります。
相手の勢力圏を簡単に荒らしたい場合、特に効果を発揮する手法です。
現代の代表的な戦術であり、覚えておきたい手法です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする