一間バサミの両ガカリ「現代定石の進化」


星の一間バサミに、両カカリされた時の対処法を紹介します。
現在と過去では、打ち方も発想も大きく変わっており、知識の更新が必要です。
どのような進化を遂げたのか、見ていきましょう。

今回のポイント
・足早な展開を優先
・従来の打ち方は軽くかわされる


現代は「スピード重視」の傾向が強く、部分的な変化で手番を奪えるかが評価の分かれ目。
本戦型も「手番がどちらになるか」これが重要なポイントです。

今回は一間バサミへ両カカリした場合の変化を紹介します。簡明な打ちまわしで運用できる有力策と見られています。相手の意図を崩したい場合に使うと局面をうまくコントロールできるかもしれません。
 テーマ「両ガカリの攻防」


白3の両カカリに、どう受けるかが分岐点。
いろいろな変化がある中、現代では「手番を重視した定石」がよく打たれます。

 推奨図「手番重視の選択」


黒1、3と左方に働きかけるのが主流です。
白4には黒5以下と自陣整備し、白8と黒Aを防いで一段落。
手番を得た黒は、大場に走れるので黒悪くないワカレです。

 参考図1「現代の定石」


白2とツグのが現代の打ち方。
黒3以下と外周を厚くして収束するのが、定石手順になります。
続いて、白Aと生きを確かめるなら、黒Bと中央の主導権を握って互角のワカレ。

 参考図2「手残りの黒地」


黒2を利かそうとするのは軽率。
白3から7と形を決めた後、白9のツケが頭を悩ませる手です。
白13まで、黒地には重大な欠陥が残されており、黒不満。

 参考図3「見合いの筋」


白1から5が好手順。
黒はAとBを同時に防げず、黒地を大きく削られてしまいます。

 参考図4「簡明にかわす」


黒1のツケが従来の打ち方。
しかし、白2など他方に占められて、後の打ち方が難しいです。
例えば、黒Aは白Bのスベリで地に甘くなります。


黒3、5と固めるなら、白6以下と押さえ込みます。
白は大場へ走れるので、左下を固めた分は十二分に取り戻せます。
こうした経緯があり、昔の打ち方は簡明にかわされてイマイチな戦果です。

まとめ


白1の両カカリには、黒2から4と受けるところ。
従来の打ち方である黒Aは後手を引きやすく、現代ではあまり打たれません。
部分の変化に囚われず、スピード重視で打つのがポイントでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする