小目の攻防の実戦死活「石は生きている」


今回紹介するのは、小目周辺の攻防で生じる「隅の死活」です。
完全に包囲された形でも、活力は残っていることをお見せします。

今回のポイント
・見た目以上に弾力ある形
・出方次第で転身する


石数が少ない状況でも、隅に近い場であれば脈が残るものです。
本戦型はその一つで、現代では動き出される前提での構え方に変わっています。
まずは、具体的な動き出し方を見ていきましょう。

 テーマ「残された活路」


白1と封鎖された時「黒石に脈が残されているか」が焦点。
具体的な手段がどの程度読めているかで、景色が大きく変わります。

 参考図1「生きは容易」


生きるだけなら、黒1が簡明。
白2には、黒3で取られない形です。


白4と狭めても、黒5以下で生き。
ただし、外周を相当厚くされるので、配石次第では黒良くないです。

 参考図2「現代の手法」


黒1、3の動き出しが、現代の打ち方。
これは見た目以上に弾力ある形です。


白4から8が無難な対応。
これには黒9以下で生きられるため、黒悪くないワカレです。
白A以下と攻められても、外にはみ出せるので問題ありません。

 参考図3「手残り」


白1、3と取るのは無理筋。
黒4まで、白Aは黒B以下などコウにする手があり、白の負担が重いです。

 参考図4「転身で十分」


白1から7と隅の生きを確保するのは、黒10と左辺に展開します。
白Aなど手入れするなら、大場に走れるので黒悪くないワカレです。

 参考図5「反撃に注意」


黒1のツケコシは手筋です。
しかし、白2から6と包囲されて息苦しい形に追い込まれます。
前図のように、転身して手番を左辺に転ずるのが無難です。

まとめ

黒AやBの手段が残るため、白1など広く構えるようになりました。
手にされても、他方で取り戻せるようにするためです。
こうした背景が見えると、一手一手の精度や濃度を高めることはできます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする