両ガカリの攻防「攻守一体の好手で打開」


星の両カカリは、様々なかわし方があり「怖くない戦術」と見られてます。
ただ、仕掛ける側にいくつか面白い打ち方があるので、一言で片づけられません。
「簡単にかわされない打ち方は何か」有力と目される打ち方の一部を紹介します。

今回のポイント
・傷を守りながら、薄さを強調する一手
・従来の定石より、地にからい


今回の戦型は「相手の出方を見て自在に立ち回れる」のが長所。
配石を工夫すれば、局面をうまくコントロールすることが可能です。
ポイントとなるのは一手のみ!すぐに実戦で活用してください。

 テーマ「工夫が必要」


黒1、3の両カカリに、白4以下と受けるのが主流の打ち方。
単に黒Aと隅に入るのは、白良しに収束するので、別の手段が研究されています。
今回は、この戦型で使える対抗策の一つを紹介します。

今回は高い両カカリへの簡明な対処法をまとめました。厳しく迫られても、積極的に応じることで有利に事を進められます。実戦で表れやすい変化に絞り、すぐ活用できる構成となっています。
 推奨図「柔軟な一手」


黒1、3と出方を見るのが面白い。
白4と守るなら、黒5以下でAとBを見合いにして、黒悪くない戦いです。


白8には、黒9以下と封鎖して黒満足です。
白Aは黒Bで収拾つかないので、白は無傷で下辺を地にできないのが泣き所。

 参考図1「厳しく追及」


白1にも、黒2と脱出を図ります。
白3以下と地を稼ぐなら、黒6から8と鋭く追及します。


白9と連絡するのは、黒10以下と整形して黒満足なワカレ。
白10のツギは、黒Aで白三子を取れます。

 参考図2「地が大きい」


白1と傷を守るなら、黒2以下と稼ぎます。
黒Aと動き出す狙いもあり、黒の実利が大きいワカレでしょう。

 参考図3「足早な展開」


白1と守るのは、黒2以下と治まって黒十分。
後に、黒Aと左下の白を攻める狙いもあり、黒の楽しみが多いです。

 参考図4「大きな囲い」


黒1の三々入りは、白2から10と下辺を大きくまとめられて黒不満。
黒は下辺を大きく囲われない工夫が必要です。

まとめ

黒3のサガリが面白い手法です。
Aの断点を守ると同時に、B~Dの狙いを見れるのが黒の自慢。
白は様々な薄さを抱えていて、先の打ち方に悩まされるはずです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする