星のコスミツケの構え「荒らしの新手法」


星のコスミツケの戦型で使える「荒らしのテクニック」を紹介します。
AI研究で発見されたもので、敵陣を削る意味で優秀な手法と言えるでしょう。
実戦頻出形の後続手段であり、選択肢の一つとして覚えておきたいです。

今回のポイント
・隅をしっかり荒らせる
・薄みを突いて地を稼ぐ

この戦術の長所は、築かれた厚みを「攻めの対象にできること」。
「厚みを攻める」のは現代的な考え方であり、この戦術にも当てはまります。
厚みを与えることが必ずしも短所ではない、現代では実利重視の傾向が強くなりました。

 テーマ「踏み込み」


白1が現代の荒らし戦術の一つです。
黒が隅から受けるなら、下辺に回って白十分。
ここでは、黒が封鎖してきた場合の応じ方を見ていきます。

 参考図1「足早な展開」


黒1と封鎖するのが相場。
白10まで、地を稼ぎながら、黒全体の攻めを狙えるので白悪くないです。

 参考図2「隅が大きい」


黒2には、白3と連絡して満足です。
続いて、黒Aは白B以下で黒窮します。

 参考図3「冷静な対応」


黒1と遮られた時、白2と様子見します。
白6までAを横目に白Bが利くので、隅は生きています。
黒9に受けず、白は大場に走れるのが自慢。

 参考図4「薄みを突く」


単に黒2のサガリには、白3以下でAとBが見合いで成功。
黒の形は見た目以上に薄いので、強く反撃されづらいです。

 参考図5「見合いの筋」


黒2には、白3が冷静な受け。
白AとBを見れるので、隅は生きています。

 参考図6「攻めの狙い」


黒1と変化されても、白2以下と隅を荒らす方針は変わりません。
後に、白Aなどの攻めがあり、白の楽しみが多いです。

 参考図7「十分な戦果」


黒1は白2以下と傷を残しながら生きて成功。
黒Aにも、白Bと受けて断点をにらみます。
もし、黒が受けるなら、白は大場へ走れるので十分です。

まとめ

白1はAとBを見て荒らす新手法です。
下辺に広いスペースが空いていれば、安全に地を削ることができます。
左下の構えは実戦頻出形なので、荒らす手段の一つとして覚えておくと良いでしょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする