小目の二間バサミ「有力な新手法」


今回は小目の二間バサミで表れた新手法」を紹介します。
従来の打ち方より使いやすく、自在に打ち分けられる長所があります。
今後、この新手法が多くの局面で使われるようになるでしょう。

今回のポイント
・有利な戦場を築ける
・出方次第で捨て石作戦へ移行
・シチョウ関係に左右されない


この新手法が評価された理由の一つは「隅を捨てても悪くない」という点です。
現代では「隅を高く評価する」傾向ですが、「手番を得ること」も重視されています。
今回は、後者の方が優ると判断され、実戦例が増えているようです。

 テーマ「サガリの技法」


黒1に白2、4と反撃するのは当然の一手。
黒5に白6のサガリで応じるのが、最近表れた新手法です。
黒A~Cと受けた場合の変化を解説します。

 参考図1「相場の進行」


黒1が無難な受け方です。
白2に黒3と取りにいくなら、白4以下と厚みを築いて一段落。
先手を得ながら、白Aと左辺への進出を止める手を残して、白悪くないワカレです。

 参考図2「頑張れない」


黒1、3と大きく取りにいくのは無理筋。
白4以下と手数を伸ばして、AとBをにらんで白成功です。


例えば、黒9と左辺を守るなら、白10以下で黒窮します。
黒Aには白Bと支えて、黒ツブレです。

 参考図3「有利な戦い」


先に黒1と押さえるなら、白2と守るところ。
黒3に白4から10と左辺側を封鎖すれば、白有利な戦いです。
続いて、黒Aは白Bで包囲網は破られません。

 参考図4「柔軟な攻め」


黒1の受けには、白2から4と守るのが簡明。
黒7でAの進出とBの突破を見られますが、


白8とコスミで受けるのがポイント。
黒9で突破されますが、白10以下と整形しながら、左辺を攻めて白悪くない戦い。
黒は左辺へ働きかける手がかりが少なく、眼を作るのに苦労する形です。

 参考図5「従来の変化」


黒1に白2以下と受けるのが、少し前まで打たれていた戦型。
しかし、黒A~Dを想定する必要がある上、一つ一つが難解で扱いづらい打ち方でした。
今では、ここまでやらずに白戦える形に持ち込めるので、実戦例が減っています。

 まとめ


白5のサガリは、簡明かつ柔軟に立ち回れる長所があります。
また、シチョウ関係に左右されづらく、様々な局面で使えるのも魅力と言えるでしょう。
配石を工夫すれば、相手に何もさせずに優勢を築くことも可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする