模様を消す現代戦術「カカリの手法」


今回は「模様を消す有力な手法」を紹介します。
石数が不利な戦場でも、巧みにかわして居直ることができます。
「模様を削る手段が知りたい」という方には、オススメしたい打ち方です。

今回のポイント
・厳しい攻めがつながらない
・転身して十分な形を築く


紹介する打ち方は「厳しく攻められない」長所があります。
具体的なシノギやサバキ方が解析され、今では定石のように使えるようになっています。
模様への恐怖心が消えれば、冷静に局面を分析する判断材料が増えるはずです。

 テーマ「カカリ技法」


白1のカカリが模様を荒らす有力な打ち方。
黒2、4には、白5とかわせれば、取られる心配はありません。
黒AやBの追撃に対し、白がどう対処するのか、見ていきましょう。

 参考図1「整形重視」


黒1と受けるなら、白2と守ります。
後に、AやBと立派な形を築く狙いがあります。


黒3の追及には、白4と裂くところ。
黒5以下と稼がれる代わりに、白は敵陣で十分な形を得て十分です。
この後、大場に走れるので、黒に稼がれた分は取り戻せます。

 参考図2「軽いサバキ」


黒1と追撃するのは、白2で厳しく攻められません。
この形になれば、白はほぼ治まっています。


黒5には、白6のツケから整形します。
黒7で白二子が大きく飲まれそうですが、


白8、10が用意されたサバキ。
黒11には、白12以下と十分な形を得て白成功です。

 参考図3「ハザマ対策」


黒1の追及には、白2から8と転身します。
黒9と分断されても、隅に味が残っているので焦る必要がありません。


白10と様子見するのが好手。
黒11には、白12と押さえ込んで白A以下の手段を狙います。
敵陣で十分な形を得ながら、手残りにできれば白満足な戦果と言えます。

 まとめ


白1のカカリの長所は「厳しく攻められない」ことです。
かと言って、黒が封鎖を目指すのは、白に楽させて良い結果になりません。
相手の選択肢をなくし、敵陣を荒らせる画期的な打ち方と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする