小目の二間ジマリ対策「3手で景色が変わる」


小目の二間ジマリの布石で使えるスピード戦術を紹介します。
この戦術の長所は「戦わずして簡明に優勢を築ける」こと
難しい技術も必要なく、広い棋力の方が習得できる打ち方です。

今回のポイント
・形を決める手順が肝心
・安定と手厚さを重視した石運び


この戦術は「手順が命」なので、神経を通わせた繊細さが求められます。
ただし、最も重要な箇所はわずか3手であり、そこさえ間違わなければ問題ありません。
「3手だけで景色を変えられる」これが布石研究の為せる技です。

 テーマ「ツメへの対策」


白1から7と構えるのが、よく打たれる手法。
理由は、黒8のツメへの対抗策が用意されているからです。
右辺の白は強い形であり、黒はすぐに働きかけても、うまくいきません。

 推奨図「3手の工夫」


白1と黒2を交換した後、白3と右辺を固めるのがうまい。
黒Aと守るなら、白Bと右上を削って黒地拡大を防ぐのが、白の意図です。
自陣を補強しながら、敵陣に手を残す有力な打ち方です。

 参考図1「足早に展開」


黒1のツギは、白2以下と黒地を制限します。
上辺に白地がつく可能性も広がり、白十分。

 参考図2「隅が大きい」


黒2と封鎖されても、白3から5と隅を削って白満足です。
▲の厚い形を活かせない局面へ誘導するのがポイント。

 参考図3「サバキ手法」


黒2と受けるなら、白3が好手です。
黒4と強引に裂かれても、白5以下でAとBを見合いにして安定します。

 参考図4「軽い石運び」


黒2から6には、白7と大場を占めます。
白A、黒B、白Cと上辺を止める手や、白Dと右辺を固める手を使い分けられるのが自慢。


黒8と手抜きを咎めようとされても、白9以下とかわして問題ありません。
黒Aと取り切るなら、白Bと右上の厚みを牽制して白良しです。

 参考図5「手順の意味」


白1、3を決めてから、白5と入るのは危険。
黒6と本気で取りにこられて、飲み込まれる可能性があります。
続いて、白Aに黒Bでリスクの高い戦いです。

 参考図6「手厚く収束」


一例で、黒2と反発された場合を紹介します。
強く反撃せず、白3から5と手厚く応じるのがわかりやすいです。


黒6から10と稼がれますが、白11以下と右上の黒地を値切れば白悪くない展開。
上辺の模様拡大で、右下の厚みと呼応できる可能性も高く、白の楽しみが多いです。

 まとめ


白1、3は敵陣に手を残しながら、補強したい時に使える戦術です。
この戦術が発見されて、右辺のツメは厳しくないことがわかっています。
一手の価値は大きいですが、序盤では他の大場を占めた方が良いと見られています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする