星のツケ手法


星にツケる手法は、現代碁ではよく表れます。
「この先、どう打てばわからない」と感じる方も多くいるはず。
そこで、実戦投入するのに必要な知識と考え方を紹介していきます。

今回のポイント
・追及に手抜きできるのが強み
・隅を荒らせば成功
・ツケの向きの基準

この手法は部分的な技術より、考え方が重要になります。
特に、定石後の考え方では、把握しているか否かで大きな差を生む変化があります。
それでは、新手法を解剖していきます。

 テーマ「ツケの新手法」


黒1のツケは、現代の新手法です。
実戦例が多くあり、定石化された手順もいくつかあります。
白はAかBなので、黒は先の展開が予測しやすいのが長所です。

 推奨図「無難なワカレ」


白1、3に、黒4と治まって互角のワカレ。
この形になった場合、白Aに受けず大場へ走るのが最重要です。
白は手抜きされるリスクが大きく、放置する流れになります。

 参考図1「手抜きの技」


白1に受けず、黒2と大場に走るのが肝心。
白3、5に黒A、白Bで裂かれそうですが、


黒6、8とかわして、立派な形を築けます。
後に、黒AのアテがBの傷を守る好点になるので、気持ちの良いヨセが残るのも自慢。
手抜きしても、十分な戦果を上げられるのが、この形の強みです。

 参考図2「さらに走る」


△の切りに、黒はさらに手抜くのも有力です。
白1と飲み込まれた時、黒2と様子見します。
続いて、白Aは黒B以下と治まって黒十分。


白2と抜くなら、黒3を利かして先行します。
白は追及するほど、手抜きされるため、下辺に働きかけづらいのです。

 参考図3「弾力ある形」


白2、4には、黒5と手堅く受けます。
Aと左下を追及する狙いと、Bの好点を見れるので黒悪くない形です。

 参考図4「隅が大きい」


白2の受けは、黒3以下の稼ぎが大きい。
白6と広く構えるなら、後に黒A以下と模様を消しつつ、左下の攻めを睨めます。

 参考図5「定石に戻る」


白1には、黒2以下で三々定石に戻ります。
ツケの手法を使う場合、この形で黒悪くならないことが前提です。
この形を想定し、ツケの向きを使い分けるのが大切です。

 まとめ


黒1のツケは、想定すべき変化が少ない上、部分的な難しい技術はありません。
ただ、構想力が試される打ち方で、うまく活用するには高度なバランス感覚が求められます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする