定石後の新手法


今回は定石後の新手法を紹介します。
様々な後続手段も改良されており、中盤以降の戦いに大きな影響を与えています。
「定石を覚えるだけでなく、その後の打ち方も把握する」のが重要です。

今回のポイント
・利きを作って、先手で補強するテクニック
・昔の打ち方より、しっかりした形を築ける
定石を使いこなすコツは「その後の具体的な手段や狙い」を知ること。
これが掴めるようになると、新定石であっても、すぐに実戦投入が可能です。
今回紹介する定石手順は、下記の記事になるので参照ください。

広いハサミは模様拡大を牽制する上で、強力な戦術になり得る可能性を秘めています。今回はスピード重視ではなく、「手厚い碁形をいかに作るか」です。シンプルかつ強力な作戦なので、ぜひご覧ください。
 テーマ「部分的な戦術」


定石後の狙いとして、黒1のツケが現代の常套手段。
主な目的は「下辺の黒を石の調子で補強する」ことです。
具体的な手段を見て、確かめていきましょう。

 参考図1「利きを作る」


白1には、黒2とさらに働きかけます。
白3、5と受けるなら、AとBの利きを作って大場へ走れます。
この形のポイントは「白の有力な後続手段がない」ということです。

 参考図2「厚さに軍配」


例えば、白1と手抜きを咎めにきても、黒2以下と外周を厚くすれば黒成功です。
こうした理由から、白は左下の黒に手をつけづらく、黒が厚い場であると言えます。

 参考図3「先手の封鎖」


白1には、黒2と下辺への進出を止めます。
白3と受けざるを得ず、黒は大場に走って成功です。

 参考図4「反発の対策」


黒1に白2、4と反発された場合、黒5以下と厚くします。
コウ材があるなら、黒Aと白二子を取る狙いもあり、黒の楽しみが多いです。
白の負担が重すぎるため、反発を恐れる必要はありません。

 参考図5「厚さの利用」


白2と穏やかに受けるなら、黒3以下と整形します。
左右の黒が強固なので、白は実りのない場を打たされています。
また、白Aと受けるなら黒に大場へ走られ、手抜きは黒Bが厳しく白の打ち方が悩ましい。

 参考図6「従来の手法」


黒1と働きかけるのが、今までの打ち方でした。
しかし、白2と受けられた時、新手法と比べて黒の薄さが目立ちます。

 まとめ


黒1のツケが定石後の新手法になります。
従来の打ち方より、厚い形を作れる上、先手で補強できる可能性もあります。
有力な形の決め方なので、しっかり使えるようにし、碁敵に差をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする