三々定石のサバキ


流行の三々定石から生じる「サバキのテクニック」を紹介します。
厚みを攻める斬新な発想で、従来の考え方を一転させる革命を起こしました。
しかし、そんな発想をかわす三々定石を打つ必須の知識」があります

今回のポイント
・厚みと守りを両立させた打ち方
・サバキの手法を知り、追及をかわす
星を打つ場合、三々入りは必ず想定しなければなりません。
そこで、今回は入られた側が知っておくべき「定石後の狙い」を解説します。
この狙いを押さえるだけで、戦術の幅が広くなるはずです。

 テーマ「手厚さの意図」


白1の三々入りに、黒2以下と受けるのが簡明な打ち方。
厚みを築くだけでなく、自身の守りにも働いているのです。
今回はその証明として、白11と迫られた時のサバキ方を紹介します。

 参考図1「切りの手法」


黒1、3と隅に働きかけるのが狙い。
△と迫られた状況なので、黒は攻められない形になれば成功です。


白4には、黒5以下と白二子を取り込みます。
白の追及を先手でかわせたので、黒十分な戦果と言えます。

 参考図2「軽いサバキ」


白1と受けるなら、黒2以下で二段コウです。
コウ争いの代償に、利益を上げれば黒悪くないワカレになります。

 参考図3「厚い格好」


黒2に白3と受けた時、黒4以下と整形します。
AやBが利いており、厚みが強固なものとなっています。
白の追及が空振りした結果となり、黒成功と言えるでしょう。

 参考図4「サバキ成功」


白2、4とコウを避ける打ち方もあります。
ただ、白は隅への利きを消すため、黒5に白6と受けるところ。
黒7まで、厚みの整備が整ったので、左辺の白への反撃を狙えて黒十分です。

 まとめ


黒5、7は足の遅い受けと見られがちですが、実はそうではありません。
黒A以下の手段を想定した手法で、厚さと守りを両立させています
後の狙いがわかると、こうした厚い手が打ちやすいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする