ツケ二段の処理方法


星の配石で表れる「ツケ二段の処理方法」を紹介します。
ツケ二段は弾力のある打ち方で、厳しく追及することは難しいです。
そこで、今回はあらゆる局面で対応できる2つの戦術を解説していきます。

今回のポイント
・「厚み重視」と「実利重視」の2通りを使いこなす
・昔の打ち方は、地の損が大きい

実戦でよく表れる形なので、どちらの立場でも変化を知ることは損になりません。
特に打たれた側は、昔の打ち方をしていると、すぐに差をつけられるので要注意です。
まずは、現代の打ち方を見ていきましょう。

 テーマ「2つの対応法」


黒1のハサミは実戦でよく用いられる戦型です。
白2から4とサバキを図られた時、代表的な受け方は2つあります。
局面に合わせて使い分ければ、形勢を損なうことが減るはずです。

 参考図1「厚さを重視」


黒1のノビは厚い碁を目指す打ち方です。
白2、4で黒は後手を引きますが、Aが利くので見た目以上に厚い形です。
左辺に模様を築けそうな場合に、このワカレを選ぶのが良いでしょう。

 参考図2「足早な展開」


スピード重視で打ちたいなら、黒1がオススメです。
白2から6と脱出される代わりに、黒7で左下と下辺を占められます。
前図とこの図を知っていれば、模様と実利の何れかを選べるのが強みです。

 参考図3「厳しく追及」


白2と受けるなら、黒3から5と簡明な追及です。
Aの封鎖と、Bの追及を狙えるので、黒悪くない攻防と言えます。

 参考図4「地に甘い」


以前まで、黒1から3と形を決める実戦例がありました。
しかし、白4と隅を稼がれた後、▲が厚みに近すぎるため、重複形となっています。
現在では、地に甘いと評価されて、このワカレは滅多に打たれなくなりました。

 参考図5「大同小異」


黒1には、白2と切るのがわかりやすい。
白8まで、Aの切りやBの狙いがあるので、これも白不満ないワカレです。

 まとめ


局面に合わせて「Aの厚み重視」と「Bの実利重視」を使い分けるのがポイント。
この2つの打ち方だけで、ほとんどの局面に対応できるはずです。
昔の手法では地の損が大きいので、知識の更新をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする