「一間トビのツメ」成功のコツ


今回は、実戦でよく表れる攻防を取り上げます。
実際に使った時に「どう打てば良いんだろう?」と困ったことは誰しもあるはず。
それを解決する手段の一つが「具体的な手段を知る」ことです。

今回のポイント
・反撃には強く戦う
・多くの局面で使える戦術

現代碁で表れやすい手段は絞れるので、事前に準備すると効果的です。
また、定石後の攻防も想定しやすく、そうした知識が増えると布石力が大きく向上します。
例えば、今回紹介する知識を得られれば、下記事の長所がよく見えてくると思います。

今回はシンプルかつ強制力のある「コスミツケ戦術」の概要を紹介します。地に辛い戦術なので、実利派の方には相性の良い手法です。実利稼ぐだけ稼いで、相手には実りのない展開になる欲張り戦術です。
 テーマ「実戦頻出形」


黒1のツメは、有力な追及手段です。
白2など反撃された時に「黒がどう立ち回るべきか」具体的な打ち方を見ていきます。

 推奨図「相場のワカレ」


黒1の大ゲイマが鋭い踏み込みです。
白2と穏やかに受けるなら、黒3と頭を出して一段落です。
続いて、白Aは黒Bが利きになるので、下辺の黒が捕まりにくい石になります。

 参考図1「分断は無理」


白2と分断するなら、黒3から5でAとBを見れるので、黒成功です。
白に強く反撃されづらいのが、この手法の特徴と言えます。

 参考図2「用意した手」


白2、4と止めるのは、黒5のハサミツケが用意された手段です。
白はどう受けても、うまくいきません。


白6には、黒7以下の稼ぎが大きく黒満足。
下辺の黒が心配に見えますが――、


白10と強引に封鎖するなら、黒11以下と左下の白に迫って黒成功です。
白はセキにすることは可能ですが、黒に厚い形を許して白良くないです。

 参考図3「弾力ある形」


白2、4と受けるのは、黒5と抜けるので黒有利な攻防です。
黒にコウ材ができた瞬間、黒Aが左上の白を狙う厳しい狙いになります。
また、下辺の黒を取るまでに手数がかかるため、白は攻めにいきづらいです。

 参考図4「フリカワリ」


白2、4は工夫した受け方だが、黒5で左辺方面を厚くされて白良くない。
白Aには黒B以下と下辺を捨て石に、先手で隅を荒らして、黒に不満はありません。

 参考図5「昔の打ち方」


一時前まで、黒1から3と追及するのが主流でした。
しかし、白4以下と守られた後、黒がどう受けるべきか悩ましいのです。
例えば、黒Aは白B以下で切断されてしまいます。

 まとめ


黒1、3は有力な中盤戦術です。
白A~Cに対し、軽く打ち回せる応用範囲の広い打ち方と言えます。
厳しく追及されそうな時、この手法を使えば、楽に打ち進められるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする