「小目のケイマジマリ」の解析(2)


「小目のケイマジマリ」は堅い布陣で、手の付け方が難しいと悩む方もいるはず。
今回は、堅い布陣の長所を短所に変えるテクニックを紹介します。

今回のポイント
・積極的に形を決めていく
・反発には全局的な打ち方でかわす

多くの戦型は、長所短所の側面を持ち合わせています。
ただ、具体的な手段が見えないと、相手の良い所しか見えず、正しい判断が難しくなります。
本ブログを通して、そうした疑問を解決され、判断材料が積み重なってもらえれば幸いです。

今回は流行の兆しのある「小目のケイマシマリ」の布石を2回に分けて解析します。足早でありながら隙が少ない厄介な布陣にどう対抗していくか、対策する立場で具体的な手段を紹介していきます。
 テーマ「コリ形へ導く」


白1に黒2と受けた場合、すぐに白3と形を決めていきます。
白の狙いは「黒を重複した形に持ち込んで、盤面広く使うこと」です。
当然、黒は反発を考えますが、白良しへ収束します。

 参考図1「地に辛い」


黒1、3の反発には、白4と隅へ食い込んでいきます。
黒Aと穏やかに受けるなら、白Bで十分な形を得られます。


黒5、7と強く反撃しても、白8から12と隅を生きながら大場に走れます。
右上の厚みを牽制しているので、白十分な展開と言えます。

 参考図2「有利な戦い」


黒1、3と取るのは、白4以下と切断して白有利な戦いです。
後に白A以下を狙らわれており、黒の薄さが目立つ局面となっています。

 参考図3「力強い反撃」


黒1、3と強引に仕掛けた場合を見ていきましょう。
これは白4、6と反撃し、一歩も引かない姿勢を見せます。


黒7には白8、10と黒二子を飲み込みます。
白Aが利いており、黒は逃げられません。


黒11から15と追及されても、白16から18と軽くかわします。
白四子を取られる代償に、左上へ先着できれば、簡明に白良しへ収束できます。

 参考図4「手厚く収束」


前図を避けるため、黒1から3と受けるなら、白4以下と整形します。
黒の堅い布陣だった場を十分な形で突破できれば、白満足と言えるでしょう。

 参考図5「石の調子」


黒1と手堅く受けるなら、白2から6と右辺への進出を止めます。
黒7には、白8と積極的に働きかけて、自陣を整える調子を求めていきます。


黒9、11と突破される代わりに、白12以下で右辺と上辺を守る調子を得られます。
相手の力を利用して、効率良く打ち回すテクニックでした。

 まとめ


以上より、白3には黒4と受ける相場になります。
局面次第で、AやBと形を決められるので、若干白打ちやすいそうです。
右上は相当利かされた形で、黒2が実戦で滅多に打たれない理由かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする