小目二間ジマリのサバキ方


小目の二間ジマリは流行の構え方の一つです。
薄い形と言われても、具体的な手段が見えないと不安に感じるはず。
今回はそんな疑問を解決する2つの有名なサバキを紹介します。

今回のポイント
・石の調子を求めて整形する
・「利かした石は捨てる」発想が大事
・2つのサバキを取得して、応用範囲を広げる

いずれの打ち方も「何を狙うべきか」を把握すれば、習得しやすくなります。
難しい狙いではないので、実戦で失敗することも少なくなるはずです。
それでは、具体的な打ち方を解説していきます。

 テーマ「サバキの技術」


白1に黒2とハサまれた時、AとBの有力なサバキがあります。
現代戦術を代表する手段の一つで、中盤定石のような手順が存在します。
この2通りを把握して使い分ければ、多くの局面でうまく打ち回せます。

 参考図1「石の調子」


白1のツケが有力なサバキです。
黒2には白3以下と下辺を補強していきます。


黒8には白9、11と反撃します。
Aを横目に、白Bがほぼ利きになっているので、白有利な戦いに導けます。

 参考図2「白の狙い」


黒1から5と下辺を補強するなら、白6が厳しい反撃になります。
黒は左下を受けざるを得ませんが――、


黒7から11と受けるのは必須の手続き。
白12まで、左下の布陣を破壊しながら、中心の黒四子が浮石できれば白満足なワカレです。
白はこの狙いを想定しながら、サバキを目指すのがコツです。

 参考図3「足早な展開」


黒2には、白3以下と弾力ある形を築きます。
この戦型では、左下の白石を捨てる発想を持つのが大切です。


例えば、白9に黒10と切られた場合は、白11とかわすのが簡明です。
白A以下を防ぐため、黒12と手を戻すなら、白13と下辺に先着して白悪くない戦いです。

 参考図4「手抜く発想」


黒2と穏やかに受けるなら、白3でしばらく手抜きしても取られる心配はありません。
黒にAやB、その両方を打たれても、白は粘りの利く形なので、次々に大場を占めます。
手抜きされるリスクが高く、黒も無暗に手をつけられません。

 参考図5「足早な展開」


別案として、白1も有力です。
黒2と根拠を奪いにきた時、白3と出方を見るのがポイント。


黒4には白5から9と封鎖して、白成功です。
この図を避けるため、黒は反発します。

 参考図6「相場の進行」


前図より、黒2と封鎖を避けるところ。
白3に黒4と受けるなら、白5と下辺へ追及します。
黒Aは白B以下で競り合いになるので、事前に配石を確認するのが重要です。

 まとめ


白1、3がオススメの手段ですが、局面次第では白3でAが有力です。
多くの局面で応用できるよう、2通りの打ち方は把握したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする