二間ジマリの荒らし方


小目の二間ジマリは、実戦でよく表れる戦型。
全局への展開力に優れており、この構えの短所を知らないと、一方的に押し切られます。
今回は薄い構えの短所を突く「荒らし方」に絞って紹介します。

今回のポイント
・想定すべき応手は2通り
・弾力ある形を容易に築ける

代表的な打ち込みは、定石のような手順がいくつか存在します。
小目の二間ジマリについても、研究が進んで定石のような荒らし方があります。
具体的な手段が見えると、安定感ある打ち方を実現できます。

 テーマ「打ち込み技法」


小目の二間ジマリには、白1が常套手段です。
黒はAかBの何れかですが、白はコウ以上の戦果を得られます。

 参考図1「弾力ある形」


黒1の封鎖には、白2と整形を目指します。
黒3、5には、白6以下と弾力ある形を築けば、取られる心配はありません。

 参考図2「隅が大きい」


黒1と外から受けるのは、白2から4と堅実に隅へ食い込みます。
元々、黒石が多い場で隅を大きく削れたので、これは白成功と見て良いでしょう。

 参考図3「サバキの筋」


黒1と隅への進出を防ぐなら、白2から6で粘りの利く形を築けます。
例えば、黒Aは白Bとコウに弾く手や、白Cとかわすなどで黒の追及を振り切れます。


黒7と強引に攻めてきても、白8以下で脱出できるので問題ありません。
ただし、配石次第では飲み込まれる可能性もあり、この図は想定したい進行です。

 参考図4「隅が固まる」


白1の打ち込みは、黒2と冷静に守られて、隅を固める可能性があります。
二間ジマリは薄い構えなので、できれば固める調子は与えたくないところ。

 まとめ


白1の打ち込みは、シチョウ関係に限らず成立しやすい手段です。
ただ、配石次第では取り掛けにこられるので、それだけは注意して活用ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする