星の一間トビ「ノゾキの誘導」


囲碁AIの研究により、星の一間トビが打たれる機会が大幅に減っています。
しかし、実際はいろいろな効果が期待できる有力な手段で、今だからこそオススメしたい。

今回のポイント
・シチョウの優劣で、対応策を使い分ける
・想定した進行へ誘導しやすい

一間トビで受けると、現代主流のツケ二段が打たれづらい長所があります。
また、シチョウ関係が良ければ、序盤から優勢を築ける可能性が広がります。
今回は、定石の打ち方を明確にし、実戦で迷いが生じないようにまとめました。

 テーマ「定石の復活」


黒1の一間トビに、白2のノゾキが主流の打ち方。
これには、シチョウ関係の優劣に関係なく、黒3のコスミツケが有力な受けになります。
押さえるポイントは少ないので、すぐに使いこなせるはずです。

 参考図1「作戦成功」


シチョウ関係が黒良しの場合、白1には黒2、4で白収拾つかない格好です。
白Aが成立しない時、基本的に白は強く追及しづらいです。

 参考図2「相場の進行」


前図より、シチョウ関係が黒良しの時は、白1から9と形を決めるのが相場。
白A以下の手段は残りますが、自陣を固めながら左辺を厚くして黒悪くないワカレです。

 参考図3「柔軟な転身」


それでは、シチョウ関係は白良しの場合はどうすべきか。
白3に黒4、6とシチョウを防ぎながら、隅を守る流れになります。


白7、9で左辺と下辺を守った時、黒10と用意した好手です。
AとBを見合いにして、白の抵抗手段を封じます。


白11と守らざるを得ず、黒12以下と下辺で確定地を稼いで黒十分な戦果です。
白Aなど中央に手を戻すなら、何を受けず大場に走っていく要領です。

 参考図4「冷静な対応」


前図の途中、白1から5と強引にこられた場合を想定します。
下辺側の黒を孤立させられても、白も薄いので問題ありません。


黒6、8と受けるのが冷静です。
白は薄みを補強するため、白9以下と整備しなければなりません。
部分的に互角なワカレな上、黒は手番を得ているので黒良しの変化と言えます。

 参考図5「切りの対処」


最後に、白1の切りへの簡明な対応方法を紹介します。
黒2、4と上下の傷を守り、白からの追及手段を封じます。


白5には、黒6から8と受けるのを推奨します。
白7から11と厚くされますが、黒12と味良く隅を地にできるので黒悪くないワカレです。

 まとめ


白2のノゾキは流行の手法なので、今回紹介した進行へ誘導しやすいです。
想定した変化を基に、配石を工夫すれば、強力な武器になるのは間違いありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする