一間高バサミ対策


小目の一間高バサミは、厳しく迫る手法で対抗策は用意しておきたいです。
読みが苦手な方でも扱える簡明策を紹介するので、実戦ですぐ活用できるはずです。

今回のポイント
・想定すべき変化は2通り
・強く反発せず、簡明にかわす

この戦術は、簡明なものから複雑なものまで、様々な変化が研究されています。
もちろん、複数の変化を知っていれば、対応力が上がるのは間違いありません。
ただ、時間や労力が膨大なので「効率を重視して割り切る勇気」を持つのも大切です。

 テーマ「対策案の準備」


黒2の一間高バサミは、受け方を誤るとすぐに悪くなるので、対策したい打ち方の一つ。
今回はいろいろな対抗策の中から、比較的わかりやすいものを紹介します。

 参考図1「簡明な収束」


白1、3と右辺の黒へ迫るのが、わかりやすい対抗策です。
黒Aと動かれても、白B以下と押し切れば白有利な戦いになります。


黒4には白5と右下に迫り、右辺を守る調子を求めます。
黒6、8と封鎖を嫌うなら、白9と厚い形を得られるので白悪くないワカレ。
後に、Aと右辺を大きく囲う好点や、Bと右下の攻めを狙えるのが白の自慢です。

 参考図2「軽くかわす」


前図に続き、黒1と追及された場合を見ていきます。
これには反発せず、白2から8と形を決めながら右下の黒に迫ります。
白8は右辺の補強に働く急場で逃せません。


黒11と右下を守るなら、白12以下と下辺を固めて白十分な戦果です。
下辺の黒は薄い形であり、右辺で稼がれた損失は十分取り戻せる碁形です。

 参考図3「包囲網形成」


黒2と動き出すなら、白3から11と右辺を重くしながら分断していきます。
白13から17と右辺を強化した後、白19と包囲網を形成して白有利な戦いです。
続いて、黒Aには白B以下で右辺と中央を補強しながら攻めるのがポイントです。

 まとめ


黒2には白3、5と右辺を割るのがわかりやすい戦術です。
想定すべき進行は、黒AとBの2通りであり、使いやすい類の打ち方だと思います。
コミの得がある白は、複雑な変化を避けて局面をわかりやすくするのが非常に有力です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする