一間バサミの現代定石


星の一間バサミは、昔からよく打たれる定石です。
ただ、この定石も気づきにくい俗筋が発見され、ほぼ一本道の変化へ収束します。

今回のポイント
・手番を得るのが第一優勢
・後続手段は怖くない

AIの研究により、定石や戦術が劇的に進化し続けています。
何よりも、簡明に従来の打ち方を否定されるケースが多く、知識の更新は必須と言えます。
本ブログでは、新戦術をわかりやすく実戦的な打ち方を届けていきます。

 テーマ「定石の進化」


黒1の一間バサミは、現代でもよく打たれる手法です。
昔は白2の三々入りに、黒3と押さえる実戦例が存在していました。
しかし、簡明かつ実戦的な打ち方が発見され、この打ち方は悪いとされています。

 参考図1「先手が大事」


白1と地に辛く受けるのが、現代の常套手段です。
黒2の瞬間、白3以下と筋悪く形を決めるのが気づきにくい打ち方でした。
AとBが見合いで左下隅は万全の態勢なので、大場へ走れるのが白の自慢です。
※下記の記事で「三連星対策」として活用した一例を紹介しました。

近代戦術は実戦的な打ち方が多く、俗筋と言われるものもうまく活用してスピード重視に打つ傾向が見られます。現代の碁に対応するため、事前の研究により知識を蓄える必要があります。今回紹介する戦法も俗筋に分類されるものですが、応用範囲が広い戦術の一つです。
 参考図2「軽快に躱す」


白の手抜きを咎めるため、黒1以下と追及されても、白2から4と治まって十分です。
仮に黒5と外回りを厚くされても、白Aと模様を消す手がかりがあるので問題ありません。

 参考図3「2手の差」


黒1と進出を止めるなら、白2と守ります。
黒3で厚くなりますが、原型から黒が2手多いので、この程度の戦果では物足りません。

 参考図4「先手だが…」


白1以下でも、先手で隅を荒らせます。
ただ、黒2と押さえた場合、黒は左辺側に模様を築きたい意図があるはず。
前図までの変化と比べて、白は左辺へ進出する手立てが弱く、工夫不足と言えます。

 まとめ


以上より、この定石を選択した場合は黒2、4と遮る一手になります。
白Aは黒B以下で厚い形を与えるため、白5と受けるのが現代の定石です。
白は後手を引くので、同じ後手を引くなら少しでも味を残した方が良いという主張です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする