大ゲイマシマリへのツケ戦術(2)


前回に続き、現代碁を代表するツケの戦術を見ていきます。
今回は実戦例がほぼない簡明策を提案します。

今回のポイント
・シチョウ関係の確認
・簡明な整形で優勢確保
・難しい道筋では石の調子で整形

今回は簡明策と難しい変化を解説しました。
相手の出方次第では、どちらか一方だけしか選べないからです。
ただ、両方の道を把握できれば、ほぼ怖い変化はないと見て良いでしょう。

小目の大ゲイマジマリに対する「ツケの手法」を2回に分けて紹介します。初回は実戦でよく表れる進行です。道中の途中でわかりづらい様子見がありますが、その点も含めてわかりやすく解説しました。
 テーマ「追及への対処」


白1に黒2、4と追及された場合、白はどう対応すべきか検証します。
形に明るい人ほど、難しい道を選びそうです。

 推奨図「簡明に収束」


白1から5と整形するのがわかりやすい。
Aの利きやBの逃げ出しを見れるので、白悪くないワカレです。


黒6、8には、白9以下と右上を補強します。
さらに、黒AやBと攻められても、白Cと脱出して問題ありません。

 参考図1「従来の変化」


白1から5と石の調子で整形するのが、一本道の変化だと思われてきました。
この進行では、白Aのシチョウが成立しないと、黒Bで白が窮すので注意です。


黒6、8と受けるのが相場。
白9以下と下辺を止めて一段落で、その後に黒A以下の進行が予想されます。
これも白戦える進行ですが、複雑な要素が絡むので推奨しません。


その後の進行例を紹介します。
黒18には白19から27と隅を守りながら、下辺の模様を拡大していきます。
黒Aには白B以下で白戦えますが、何れの変化も複雑で高い読みの力が求められます。

 参考図2「冷静な対応」


黒1、3の抵抗には、白4の切りで応じます。
続いて、黒Aは白B以下と抜いて白十分です。


黒5には、白6以下でAとBを見合いにして白有利なワカレ。
黒は強気に受けても、戦果は期待できません。


黒11と頑張るなら、白12と受けるところ。
黒Aは白B以下が厳しいため、黒13と下辺に迫ります。
ただ、白14と右辺を守られた時に、厳しい攻めが続かないので黒失敗です。

 参考図3「難しい道」


黒2には白3とサバキを目指します。
黒6まで、この進行では白A以下と整形せざるを得ず、難しい進行へ行かざるを得ません。
白1を打つ場合、シチョウ関係を確認し、正面から戦える準備するのが肝になります。

 まとめ


黒1、3の強硬手段には、白4以下と整形するのがオススメです。
わかりやすい上に、その後の進行も難しくなく扱いやすい対応策と言えるでしょう。
ただ、難しい変化を避けられない場合もあるので、シチョウ関係の確認は大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする