タスキ型布石分析(1)


黒番の布石は次々に対策され「どう戦略を組むべきか」難しい時代になりました。
そんな中で注目されているのがタスキ型の布石です。
これから数回に分けて検証します。

今回のポイント
・要所を占めることを優先
・露骨な打ち方に活路あり
・捨てる選択肢を持つ

コミの負担が重い黒は、戦いを起こしやすいタスキ型の布石が主力戦術になりそうです。
黒番は「複雑な戦いに持ち込めるか」これが勝つための鍵になってきます。

 テーマ図「戦いの攻略」


タスキ型の場合、黒1に白2、4と堅実に打つのがよく見られる形です。
黒9と隅を固めながら、左上の黒へ援軍を送るまでが、ほぼ定型化された布石。
今回は白10と迫られた時「どう対処すべきか」検証していきます。

 参考図1「制空権奪う」


黒1と右辺の白に二間幅を与えないように迫るのが、オススメの打ち方です。
白2と逃げるなら、黒3と調子で脱出します。
白Aは黒Bの好形を許すので――、


白4と右下の黒に迫っていきます。
これに対し、黒5と戦うのが好判断です。
白6と急所を突かれますが、露骨にかわせば問題ありません。


黒7から11と連絡していきます。
黒15まで、ダメ場を打たされた代わりに、中央の主導権を握って黒悪くありません。
白Aと守るなら、黒Bと左辺を広げて黒好調。

 参考図2「着実な歩み」


白1と先制された場合、黒2から4と固めながら右辺に迫ります。
白5と連打を許しますが、黒6以下と脱出できるので問題ありません。
黒は左辺を睨みながら、A周辺に黒石を誘導し、右辺の飲み込みを狙います。

 参考図3「シノギ手筋」


白2から6と封鎖された場合、黒7から9が用意されたシノギです。
黒は治まることを優先して、悪くなりません。


白10には黒11以下と治まって黒成功。
右下の白地を削りながら、Aを狙えるのが黒の自慢です。


その後の進行例を紹介します。
白18など大場に走るなら、黒23以下で下辺の進出を止めます。
この狙いが有力で、白は一手一手が悩ましくなっています。

 参考図4「サバキの筋」


白1と迫るなら、黒2と圧をかけるところ。
白3と突破を見られても、黒4以下でサバキの筋に入ります。


白7と反発するなら、黒10と叩いた後に黒12と相手の出方をみます。
受け方次第では、右下の黒を捨てていきます。


白13には、黒14から20と外周を固めます。
白21と飲み込まれても、黒22と芯を入れれば黒十分な戦果です。

 参考図5「手厚い構想」


白2には黒3と封鎖していきます。
白4、6と飲み込むなら、黒7以下と封鎖して黒十分なワカレです。
Aが利きなので、下辺へ進出されても簡単に止められます。

 まとめ


以上より、白は右辺から動くの良くないため、白4と上からかぶせてきます。
次回はこの進行で「黒がどう立ち回るべきか」見ていきます。

今回は序盤から中盤まで想定した「タスキ型布石の分析」。戦いになりやすい特徴があり、黒にとって望ましい布石と言えます。この戦型では、黒は互角以上に戦えるので、白は避けるべき碁形のようです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする