三々定石の難解形攻略(2)


前回に続き、三々定石難解形の攻略を紹介します。
今回は意図する構想を崩しにきた時の対応を見ていきましょう。

今回のポイント
・守り重視の打ち方で乗り切る
・誘いに乗らず、冷静に打ちこなす

反発された時、さらに強い力で応じるよりも、受ける方が有力な場合もあります。
紹介する局面は、後者の打ち方で乗り切るのがテーマです。

今回は三々定石の難解形を「システム化」して攻略する術を紹介します。長手順のようで、ほぼ一本道の進行に収束するので、思い描いた想定を実現できます。初回はこのシステムの意図を解説しました。
 テーマ図「反発の想定」


白3に黒4と反撃される想定したいところ。
互いに我が道をいく局面、どう収束すべきか見ていきましょう。

 参考図1「フリカワリ」


まず、白1から3と手抜きの代償を求めます。
黒4と連打するなら、白7まで気合の応酬。
黒AからEと動いても、隅にしか影響がありません。
一方、白Fは外側への影響力があり、白有利なワカレと言えます。

 参考図2「守り重視」


前図より、黒1と受けるのは当然の一手。
白2に黒3以下の追及にどう対処するか、これが出発点です。


白8に黒9から13と封鎖するのが黒の狙い。
白が苦しく見えますが、右下に白がいる場合は戦うことが可能なのです。


白18と外周の薄さを突きます。
黒19から23と左辺に働きかけられた時、白24と脱出を優先します。
黒Aと補強するのは、白B以下で取られです。


黒25には白26以下で左辺と下辺を守ります。
元々、左下は黒石が多い場なので、軽くかわして白悪くありません。


黒33、35に、白36以下と守り重視を貫きます。
結果的に、左辺と下辺の黒を狙る態勢となり、白有利な戦いと言えます。


一例ですが、黒43には白44以下と下辺に襲い掛かります。
黒Aは白Bと根拠を奪われて、黒苦しいです。

 参考図3「脱出の確認」


黒1から5の封鎖は、想定される変化の一つ。
ここで、白は脱出する好手順があります。


白6、8がうまい手順です。
右下の白は見た目以上に強いので、黒に下辺を厚くされても問題ないです。


黒9には白10以下と安定重視で打ちます。
白A、黒B、白Cの死に残りや、黒Dと攻められても白EやFでかわせます。
下辺は厚くなりましたが、白への厳しい後続手段がなく、黒は大きく得していません。

 まとめ


黒2の反撃には白3、5でAとBを見合いにして白悪くない戦いです。
守り重視の基本方針があるので、扱いやすい戦術ではないでしょうか。
ここまで想定すれば、布石システムとして機能します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする