広いハサミの減少理由


今回は小目の攻防で「広いハサミが減少した」理由を探ります。
結論から言えば、攻めの厳しさが足りないことが原因です。

今回のポイント
相手の出方を見て、自在に打ち分ける
・積極的に仕掛けるなら、強気に応戦
・穏やかな進行なら、スピード志向へ

広いハサミの短所は「攻めの威力が落ちる」ことです。
多くの局面で悪影響を及ぼすため、最近は用いられません。

 テーマ図「力関係の確認」


白2と広くハサまれた時、「どちらが強いのか」が肝です。
基本的に、黒は弱い石でないので積極的に戦いたいです。

 参考図1「強気に応戦」


白1、3と切るなら、黒4と強く受けます。
△の位置が遠い場合、正面から戦えるのが黒の自慢です。


白7には黒8、10と上辺を整備します。
次に白Aと切るのは、黒B以下と右上を飲み込まれて白不満です。


白11、13が相場となり、黒14と頭を出します。
白15以下と補強されても、黒は中央を狙えるので黒有利な戦いです。
仕掛けた側の白が、いつの間にか受け身になっています。

 参考図2「損が大きい」


すぐに、白1と切るのは黒2以下で白失敗。
黒Aが利くため、白はうまくいきません。


白7には黒8と丁寧に飲み込んで黒十分です。
左上の厚みを背景に、黒10と左辺を占められるのが大きい。
黒Aなどの利きもあり、黒の利点が多いです。

 参考図3「加速するスピード」


それでは、白2から4と受けるのはどうか。
この場合は黒5以下と稼ぐのがわかりやすい。


白8と追及されても、黒9から11と先手で守って大場に走ります。
左上は強い形なので、ハサミの攻防でこの形になれば、黒成功と見て良いです。

 まとめ


白2の広いハサミには、黒3と積極的に仕掛けて黒悪くない戦果をあげられます。
石の距離感を図り、正確な力関係を知ることが大切です。

※広いハサミの正しい使い方は下記の記事へ。
「攻め」ではなく「守り」のイメージで使うのがポイントです。

広いハサミは模様拡大を牽制する上で、強力な戦術になり得る可能性を秘めています。今回はスピード重視ではなく、「手厚い碁形をいかに作るか」です。シンプルかつ強力な作戦なので、ぜひご覧ください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする