手抜きへの後続手段

 テーマ図「難しい後続手段」


白1に黒2のハサミは最近よく見られる手法です。
ここで、白は右下を打たず、白3と他方に回る打ち方も研究されています。
黒はぴったりした後続手段が難しく、黒4と打つ実戦例が試されているようです。

 参考図1「華麗な転身」


白1と動き出して右下の黒陣を削りたいところ。
黒2、4と強引に封鎖するなら、白5から7と外側に傷をつけつつ安定を図ります。
黒はAかBの何れを選んでも良い戦果は望めません。


黒8、10と右辺の白に迫るなら、白11以下と強気に外回りの傷を突きます。
黒14とハネられて、右辺の白が窮屈に見えますが――、


白15から21と傷をつけながら、下辺を占めるのが明るい発想。
黒22と少しでも大きく取ろうとしても、白A以下の味があり気持ち悪い格好です。
右辺の白六子を捨てる発想を持てるかが、この戦型を打つポイントになります。

 参考図2「味悪の証明」


一例として、味の悪さが影響する進行を紹介します。
黒1から7と形を決めた瞬間、白8のツケが受け方が悩ましい手になります。


黒9と受けるなら、白10から12と外回りを厚くしながら右辺の制限して白満足。
白Aが利いているので、黒は綺麗に包囲網を破れません。

 参考図3「捨石の活用」


黒2と受けるなら、白3から9と動き出す打ち方も有力です。
黒10まで、このまま白を飲み込めるように映りますが――、


白11と黒12を交換した後、白13が好手になります。
次に白A以下で右辺が生きられるので、黒は防ぐ必要があります。


黒14で右辺の白九子が取られますが、白15以下と締め付ければ白満足なワカレです。
元々、右下は黒石が多い場であり、この程度の戦果では黒イマイチでしょう。

 参考図4「足早に展開」


黒1と手厚く受けるなら、白2から4と実利を稼いで十分なワカレ。
白は下辺の黒模様にさえ気をつければよいので、先の方針が明白で打ちやすいです。

 参考図5「ワリコミのリスク」


白1のワリ込みは黒2、4と反発される可能性がありオススメしません。
白9まで、右下隅を大きく削れますが、黒10以下と大場に走られて白イマイチ。
全局的に黒厚い碁形であり、白にとって望ましくない展開と言えるでしょう。

 まとめ


黒1のカケは手抜きを咎める手段として打たれている打ち方。
ただ、白Aから捨石の転身や実利を稼ぐ方針を自在に使い分けられてうまくないようです。
黒はハサミを打つ際、手抜かれた場合にどういった後続手段があるか要研究が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする