三々定石「切りの攻防戦」

 テーマ図「想定したい進行」


三々定石後に黒1から5と切断される実戦例が多く存在します。
右下に黒が控えているので、下辺の攻防に引き込めば黒有利になると考えられるからです。
ただ、この形もある程度準備しておくと、多くの局面で軽くかわすことができます。

 参考図1「簡明な解決策」


白1と下辺の補強を優先するのがわかりやすい対策。
黒2には、単に白3のコスミでAとBを見合いにしてシノギを図るところです。


黒4と左下隅への寄り付きを消すのが相場です。
白5に黒6、8と自身を補強して、左辺と下辺の白を睨まれますが――、


白9から13と左辺の守りを優先して問題ありません。
黒14の切りには、白15から17と軽くかわして黒の攻めが繋がりません。
後に、白Aなどのシチョウアタリを見る狙いがあるので白十分な進行です。

 参考図2「シノギの手筋」


黒2と強引に封鎖を試みられても、白3から7でシノギを図れます。
続いて、黒Aは白Bで何れかの黒を取って白成功です。


黒8の抵抗には、白9から15と種石の黒三子を切断します。
黒にポン抜きを許しても、見た目以上に白厚いので問題ありません。
コウ争いに不安がある場合は、白15でAと手堅く受けても良いでしょう。

 参考図3「スピード加速」


黒1、3と素直に脱出するなら、白4まで左辺と下辺の両方を占めて白悪くありません。
黒5と追及されても、構わず、白6から8と要所に走れるのが白の自慢です。
白Aと様子見する保険があるため、下辺の白は厳しく攻められないからです。

 参考図4「隅への寄り付き」


黒1など攻められても、白2と切る手段が残っているので心配いりません。
黒3には白4、6とコウに持ち込めるので、白のシノギは容易です。
タイミングさえ間違わなければ、黒の攻めは基本的にかわせます。

 まとめ


三々定石の後、黒に切りで追及された場合は白1、3とかわすのがオススメ。
複雑な変化が少ない上、隅への手段を覚えておけば攻められても焦らずに済みます。
いろいろな局面で応用が利く簡明策なので、頭の片隅にあると助けになるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする