広いハサミの意図

 テーマ図「縦横無尽の戦術」


右下に立派な黒陣がある場合、黒1に白2と広くハサむのが有力。
白は下辺に堅陣を築いて、右下の黒陣の薄さを浮き彫りにするのが基本方針です。
ここでは黒A~Cと対応した場合、白がどう打ちこなすべきか見ていきます。
※下記のブログ記事には、シチョウが悪い場合の対処を掲載しています。

今回はAlphaGoZeroが採用した両カカリへの対抗策を紹介していきます。人間界でも用いられる実戦例が増えており、これから様々な局面で現れてきそうです。星の両カカリを許しても戦えることがわかり、現在ではカカリに受けない傾向が見られます。
 参考図1「厚くして十分」


黒1と素直に三々に入るなら、白2から10と下辺に堅陣を築いて白十分です。
後手を引いていますが、右下の黒陣は相当薄い形なので十分追いつけます。
基本的には「黒は下辺の形を許してはならない」と見て良いでしょう。
※蛇足ですが、黒9で10と形を崩そうとするのは、白Aで黒窮します。

 参考図2「シチョウ関係の活用」


黒1の両カカリに白2、4と応じるのが現代の定石。
また、△の配石によりシチョウ関係が白良しなので、白有利なワカレになりやすいです。


黒5と三々に入られた時に、白6から12と外周を厚くできるのが白の自慢。
シチョウ関係が良い場合、この打ち方で白が悪くなる配石はほぼ存在しないでしょう。
黒はAから左下のダメヅマリを突いて、厚くされた代償を求めていきます。


黒13から17がダメヅマリを突いた有名な手筋です。
続いて、白Aと取るのは黒Bで石塔シボリの筋に入るため、白参っているようですが――、


あえて、白18と二子を取って石塔シボリの筋に入るのが好判断です。
黒19から23とシボられますが、ここで白24とかわすのが用意された読み筋でした。


黒25と抜かざるを得ず、白26まで、下辺と左辺方面を占めて白十分なワカレです。
黒は見た目ほど得していない上、白Aと押さえ込まれると窮屈な格好となります。
黒にBを狙われますが、仮に逃げられても大した被害でないので問題ありません。

 参考図3「シチョウは怖くない」


黒1と厳しいシチョウアタリを打つなら、白2と受けておきましょう。
黒3の逃げ出されても、白4から6と上辺を厚くしながら右上隅を抉れば白満足です。
黒は左下の連打をしましたが、まだまだ様々な狙いや利きがあるので失敗でしょう。

 参考図4「堅陣を築く」


黒1には白2とハサむのが堅実な戦術です。
下辺の幅が狭いので黒3と入られそうですが、白4から10と先手で堅陣を築いて白十分。
白が厚い構えであり、AやBの打ち込みを狙いやすいのが白の自慢です。

 参考図5「激しい競り合い」


以上より、黒2から6と強引に動いていくことになります。
ただ、白7で下辺と左辺を占められれば、互角以上の戦いに持ち込めます。


黒8から12と下辺に迫るのが、考えられる進行の一例です。
これには白13以下と捨て石を駆使して整形すれば、左辺の得が大きく白悪くないでしょう。

 まとめ


右下のシマリがある場合、白2と広く挟むのが有力な戦術になります。
枝葉の変化は多いですが、今回紹介した変化を押さえるだけでも強力な武器になるはず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする