三々定石の簡明戦術

 テーマ図「シチョウ関係がカギ」


シチョウ関係が黒良しの場合、白2から4に黒5以下と決めるのが有力です。
白Aと切りたいですが、わかりやすく黒悪くない変化へ収束していきます。
知っているか否かで差が生じるので、事前に知っておくと役立つでしょう。

 参考図1「用意された手筋」


白1には黒2から6とシボリを決めていきます。
続いて、黒8に白Aと受けるなら、黒Bとシチョウで取って黒良しです。


シチョウが悪い場合、白9から13と抵抗するのがよくある打ち方。
黒Aと素直に抜くのは、白Bとノビられて混戦模様になりますが――、


黒14と白15を交換した後、黒16と白二子に迫るのが最近の打ち方です。
続いて、白Aと抵抗するのは、黒B以下でグルグル回しで取ることができます。
この状態で白を飲み込めれば、黒厚いワカレであるという主張が通せます。

 参考図2「動き出しの想定」


白1から5と抵抗される手段は想定しておきたいところ。
白Aのサガリを狙われており、黒も慎重に応じる必要があります。


白を簡単に治まられてはいけないので、黒6と迫るのは当然の一手。
白7には黒8と封鎖して徹底抗戦の態度で追及し続けていきます。
白9で互いに眼がない形となり、攻め合いにもつれ込みます。


黒10以下はほぼ一本道で、コウが残るセキの形で収束します。
コウ残りであるものの、黒は広大な厚みを築けたので悪くない展開でしょう。
白もすぐに仕掛けるのは得策でないため、実戦的には放置して大場に走る相場です。

 参考図3「穏やかな進行」


前図を避けるなら、黒1の切りに白2と受ける進行になります。
黒5まで、右辺の進出を止められたので、黒不満ないワカレと言えるでしょう。
※白も手番を得られる点が大きいため、互角に近い進行で実戦例も多く存在します。

 まとめ


黒1、3が成立する条件は、シチョウ関係が良く、右下に黒石が存在することです。
△が実質動けない状況へ持ち込めるので、黒が手厚い碁形を築ける長所があります。
実戦で表れやすい変化であり、すぐに活用できる戦術と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする