二間バサミの攻防(2)

 テーマ図「流行の戦型解析」


前回より、白1のノビには黒2と受けるのが当然の一手になります。
これに白3とAの脱出を図りながら、右下の黒二子に圧力をかけるのが実戦例の多い打ち方。
黒は脱出をされるのはまずいので、どう封鎖していくかがポイントです。

 参考図1「捨て石の活用」


黒1と右辺への進出を牽制しつつ、白三子にプレッシャーをかけていきます。
白2に黒3で右方の攻め合いは黒勝ちになりますが、白の狙いはその先にあります。


白4のツケから三子を捨て石に締め付けていくのが、一連の流れの狙いでした。
続いて、黒Aは白Bで攻め合い白勝ちになるので――、


黒5のサガリで攻め合い勝ちにいかなければなりません。
白6から10と先手で形を決めた後、白12と大場に走って全局的に白悪くない展開。
右下の黒も厚いですが、白AやBの利きが残っており、黒の追及をかわされた形と言えます。

 参考図2「実利が大きい」


前図を避けるため、黒1と押さえるなら、白2と受けて取りにいきます。
黒3、5と手数を伸ばされても、白6と外周の傷をつけるので問題ありません。


黒7、9に対し、白10から12と出切りで強く反撃するのが好手。
切りを入れたことにより、下方と右方の守りに働いているのがポイントです。


黒13と下方に圧力をかけるなら、白14から20と治まることができます。
黒21にも白22から26で右下の攻め合いは無条件で勝っているので問題ありません。
白28まで、全局的に白は足早に走っており、白の実利に軍配が上がるでしょう。

 まとめ


黒2のノビに対しても、白3に黒Aなら白悪くない戦いに導けるようです。
白3の瞬間に黒は変化せざるを得ませんが、白Bの脱出も厳しく悩ましい局面。
現段階では、簡明に白が追及を振り切る手段があるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. シュン より:

    この定石(二間バサミの攻防(2))の黒が6-Sではなく、6-Q
    に曲がった場合その後どうなるか知りたいです!

  2. okao より:

    その変化も妙手を駆使すると、無難に分かれる道筋があります。画像にまとめたので参照ください。