棋戦情報

【2020三星火災杯世界囲碁マスターズ・決勝三番勝負①】急転のクリックミス

韓国の申眞諝九段がクリックミスをした瞬間。思わず頭を抱える

11月2日にネット対局で「2020三星火災杯世界囲碁マスターズ」決勝第1局が行われた。
中国の柯潔九段が韓国の申眞諝九段に勝利し、4回目の優勝へ前進しました。
明日の現地時間10時(日本時間11時)に第2局が行われる予定です。
以下に戦績をまとめたので、参照ください。(左側が勝者)

 

【11月2日:第1局】柯潔九段(中)―△申眞諝九段(韓)
【11月3日:第2局】△柯潔九段(中)―申眞諝九段(韓)
【11月4日:第3局】柯潔九段(中)―申眞諝九段(韓)

 

柯潔九段は5回目の出場、4度目の優勝を目指し大きく前進

ネット対局特有のクリックミスが起こり、大きく話題を生んだ本局。
こうした外的要因にも注意を払う必要があり、リアル対局にない難しさがあるようです。
第2局で申眞諝九段が立て直せるか、注目していきます。

 

 

ハイライト「ネット対局特有のミス」

黒番は申眞諝九段、白番は柯潔九段。
白1に黒2が致命的なクリックミスとなりました。
序盤で取り返しのつかない差となり、申眞諝九段は痛い敗戦となりました。

-棋戦情報

© 2020 okaoの囲碁研究所