三々定石「ノビの基本」(2)

 テーマ図「用意されたサバキ」


前回に続き、黒1の三々入りに白2、4とノビの簡明策を紹介します。
基本的に模様との相性は良くないので、白6と大場に走るのがオススメです。
地を稼げるだけでなく、黒9と迫られた場合でもわかりやすく自陣整備できるからです。

 推奨図「シチョウの活用」


白1、3とサバキを図るのが好判断です。
黒は▲と迫った以上、左下の白を厳しく追及しなければなりませんが――、


黒4、6と傷をつけながら隅に手を戻した瞬間、白7と冷静に守るのがうまい。
Aのシボリが見られているため、黒は身動きの取りづらい形に追い込まれています。


黒8に白9のシチョウが成立するのが、この手法を成功させる条件です。
黒10から14とAの狙いを解消するなら、白15まで立派な形を築ければ白十分。
▲など迫られることを想定し、シチョウ関係を良くして追及をかわすのがポイント。
(白15でBなど大場に走るのも有力ですが、高度な技術が求められます)

 参考図1「ハサミツケの対策」


黒1のハサミツケは考慮しておきたい手です。
AとBを見合いにされて、白苦しい戦いに見えますが――、


白2から8と地に辛く受ける一手です。
黒Aと受けるのは白B以下と厚くして白良しになるので黒は強く戦う必要があります。


黒9には白10と左下の黒に圧力をかけていきます。
黒11とさらに反撃してきた時に、白12のナラビが好手でシノギが確定します。
続いて、黒Aと封鎖するのは白Bで左下隅をほぼ取れている格好です。


黒13と守らざるを得ず、白14から16と軽快に脱出を図れば白悪くない戦いです。
黒Aと上から受けるのは、白B以下Dと左下の死活を横目にサバけます。


黒17、19と守る相場ですが、これには白20以下と左辺を回りながら整形して白十分です。
下辺の白は見た目以上に眼形が厚く、厳しく寄り付かれる心配はほぼありません。
また、左辺の白陣も厚くなっており、地に辛い進行になっているのも白の自慢。

 参考図2「工夫不足」


単に白1から5と形を決めるのは、黒6から8と白三子に迫られるのが厳しいです。
状況次第で黒は左下を捨石に外周を厚くする選択もあり、白容易ではありません。

 まとめ


シチョウ関係が良い場合、白1のノビが成立します。
△と▲の交換は左下の攻防を想定した手であり、間接的に左下の守りに働きます。
ノビの形は隅への利きを頼りに整形する手段が豊富にあるので、放置しても問題ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする