三々定石「ノビの基本」(1)

 テーマ図「簡明策の注意点」


黒1の三々入りに白2、4と受けるのは、簡明策として多く打たれています。
ただ、誤った使い方をすると、わかりやすく布石で悪くする可能性が高まってしまうのです。
初回は間違った使い方の例を紹介し、ノビの特徴の一端を紹介していきます。

 参考図1「模様との相性」


左下の厚みを背景に、白1から3と下辺を広げるのは自然に見えるかもしれません。
しかし、黒4と左下隅を補強されると、AやBを見られてまとめるのが困難になっています。


例えば、白5と広げるのは黒6の打ち込みが厳しい狙いになります。
白7、9と厳しく攻めるのは、黒10以下でAとBを見合いにされて白苦しい戦いです。
左下の白が孤立してしまい、下辺の力関係が逆転してしまいます。

 参考図2「容易なシノギ」


前図を避けるため、白1から7と厚みを強化しながら広げるのはどうか。
この進行も黒8の打ち込みが残っており、黒から打たれれば大きくまとまりません。


白9と封鎖するなら、黒10から14とスペースを確保して黒成功です。
白Aの追及には黒B以下符号順で部分的に生きられるので、白不満でしょう。

 参考図3「模様の最低条件」


本図のように、白2から6と大きな模様を築ける場合は有力と見て良いでしょう。
ノビの手法を用いて模様を築く場合、「隅から辺の幅」を持たすのが最低条件になります。
なぜなら、この大きさの模様ならその一部が地になれば、一局になる可能性が高いからです。

 まとめ


白2、4のノビは簡明策ですが、模様を築くために選択する場合は要注意です。
基本的にAやBの利きで簡単に攻められない石なので、白6など大場に走る相場になります。
次回はこの先の展開でどのような想定をすべきか、解説していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする