三々定石、二段バネの欠点(2)

 テーマ図「強固なポン抜き」


前回に続き、二段バネの欠点について紹介していきます。
白1のケイマは左下の黒に圧力をかけながら、下辺に模様を築く意図があります。
ただ、黒は見た目以上に強固な形であり、黒2など大場に走る選択ができるのが強みです。
白3の追及に黒はどのように打ち進めていくのか、解説していきます。

 参考図1「足早に展開」


黒1と露骨に生きを目指して黒悪くない展開になります。
白2には黒3と先手で生きる道を目指すのがポイントです。


白4には黒5と先手を取ることを重視します。
白6と厚くされますが、黒7と上辺の模様を広げながら左辺を制限する好点に先着できます。
黒Aの利きにより、下辺に大きな白地を築かれづらく、黒十分な展開でしょう。


蛇足ですが、白8以下と左辺を大きく囲っても、上辺も大きくまとまるので問題ありません。
左下の黒に強く迫れないため、白は左下を基点とした模様作戦を成功させるのが難しいです。

 参考図2「おまじない」


白2、4と先手で利かそうとするなら、黒5から7と外周に傷を残して生きを確かめます。
左辺の白模様が気になりますが、AやBがあるので大きくまとめづらい土地です。


たとえば、白8から10と囲うなら、黒11から17を決めた後に大場へ先行します。
左辺側には様々な利きができたので、相手の打ち方に合わせて模様を消せるのが黒の自慢。
かと言って、白AやBなど手を戻すのは足が遅いため、白悩ましい局面と言えるでしょう。

 参考図3「模様拡大が困難」


以上より、白Aが利かないなら、白1と先に広げれば良いと思われるかもしれません。
ただ、黒2から6と下辺を放置された時、ここから模様を発展させるのが難しいのです。
黒BやCの打ち込みが睨まれており、下辺の白陣を大きくまとめるのは困難です。

 まとめ


今回のポイントは「二段バネで生じた左下の形が弾力ある形である」ということです。
放置しても、取られるまでにかなりの手数を要するため、大場へ走ることができます。
二段バネは地に辛い反面、模様を形成する構想が取りづらくなる短所があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする