模様撃退戦術

 テーマ図「模様形成の阻止」


黒1のカカリに白がどう対応するかで局面全体の景色が一変します。
下辺に模様を築かれては左上の厚みが活きるので、その構想は阻止したいところ。
近代戦術ではこうした局面になった際の対策があり、知っておきたい手法があります。

 正解図「強気の応戦」


白1と狭くハサむのがよく打たれる戦術の一つ。
右下隅に入ると下辺の黒模様が容易に消されるため、黒2と反撃するところ。
ここで、白3と二間ビラキを選択して、足早に右辺方面を補強するのが新手法です。


黒4と反撃するなら、白5から9と右下の黒を孤立させて戦いの主導権を握ります。
右下の黒を弱体化しており、下辺へ強く反撃されずに模様を消すのがこの戦術の長所。
模様を未然に防げる上、様々な局面で応用できるのも大きなポイントです。

 参考図1「仕掛けへの対応」


黒1、3と薄みを突いた瞬間、白4から6と反撃するのがうまい。
右下の黒はバラバラとなり、収拾突かない格好となっています。


黒7には白8、10と右下の黒全体を攻めるのが鋭い追及。
AとBを見合いにできるので、薄みを突く手段はすぐには成立しづらいです。

 失敗図「自然に固まる」


白1と穏やかに受けるのは、黒2から4と右下に働きかけていきます。
白は右下隅を対処する必要があるので――、


白5から9と対応するなら、黒10と石の調子で下辺を固めて黒十分な展開です。
右辺の白模様を拡大されても、黒Aから右辺を荒らす手段があり問題ありません。

 参考図2「地に辛い石運び」


白1と突破を図るのは、黒2から6と右下隅と下辺を占められてしまいます。
後に黒A、白B、黒Cのハネツギから右下の白に寄り付く狙いもあり白不満です。

 まとめ


厚みが控えている場合、黒1に白2とハサむのが有力な模様対策になります。
模様を張られるのを苦手とする方は、ぜひお試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする