第21回農心辛ラーメン杯世界最強戦―第7戦

中国の連勝街道止まらず

11月24日に韓国・釜山で「第21回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦」の第7戦が行われた。
日本の許家元八段が出場するも、中国の杨鼎新九段に敗れて中国無傷の6連勝を許した。
最終日に井山裕太九段の出場が確定し、第2ラウンドで日本が姿を消す可能性が生じた。
明日の第8戦では、韓国の申真谞九段が出場する。(こちらを参照)

中国 柯潔九段 杨鼎新九段(6連勝) 芈昱廷九段 范廷钰九段 謝爾豪九段
韓国 朴廷桓九段 申真谞九段 金志锡九段 李東勲九段 元晟溱九段(1勝)
日本 井山裕太九段 山下敬吾九段 村川大介九段 一力遼八段 許家元八段

2014年以来、日本は最終ラウンドまで残っており、第2ラウンド突破は果たしたいところ。
しかし、井山九段はタイトル戦で王座戦、天元戦で苦戦が続く厳しい状況に立たされている。
日本の存在感を出すためにも、最終戦は負けられない戦いである。

 局面図1「不発の仕掛け」


黒番は許家元八段、白番は杨鼎新九段です。
黒1のツケは小目の一間ジマリへ手をつける代表的な手法の一つ。
しかし、現局面では左上の白への攻めを残したいので、有効ではなかったようです。


白2に黒3から11と形を決めるのがよくある進行。
ただ、白14と左辺を大きく囲われつつ、左上を補強されては若干黒不満な展開。
三々入り後の攻防では、厚みが活用されない工夫が求められるようです。

 局面図2「捨石のテクニック」


黒1のノゾキに白2から6と反撃したのがうまい返し技でした。
黒一子が飲まれるわけに行かないので――、


黒7には白8、10と封鎖を試みていきます。
黒11と下辺の白を飲み込まれますが、これは杨鼎新九段の予定の行動でした。


白16、18を利かした後、白20以下26と外周を厚くするのが狙いでした。
黒は脱出できず手を戻さざるを得ず、勢力圏で居直れた白に軍配が上がります。
このサバキを境に、白が一気に押し切り一騎当千の6連勝を決めました。
結果、白中押し勝ち。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする