第21回農心辛ラーメン杯世界最強戦―第5戦

日本の一力、無念の敗退

11月22日に韓国・釜山で「第21回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦」の第5戦が行われた。
日本の一力遼八段は優勢となる局面もあったが、中国の杨鼎新九段の追撃を支えきれず敗退。
中国は無傷の4連勝となり、通算8回目2年連続優勝へ大きく前進した。
明日の第6戦では、韓国の李東勲九段が出場する予定だ。(こちらを参照)

中国 柯潔九段 杨鼎新九段(4連勝) 芈昱廷九段 范廷钰九段 謝爾豪九段
韓国 朴廷桓九段 申真谞九段 金志锡九段 李東勲九段 元晟溱九段(1勝)
日本 井山裕太九段 山下敬吾九段 村川大介九段 一力遼八段 許家元八段
 局面図1「機敏な石運び」


黒番が杨鼎新九段、白番が一力遼八段です。
白1に受けず、黒2と左辺を守るのが機敏でした。
白3と上辺の黒二子を取られますが、石を強化したのも大きく黒悪くない展開です。

 局面図2「シノギ勝負だが…」


白1から7と中央のシノギ勝負を仕掛けたが、黒8で中央と右辺を狙われて厳しい戦い。
白は中央を助けずに、白AやBと地合い勝負につなげれば僅かに白優勢だったようだ。
秒読みの中で捨てる決断を下すのは容易ではなく、実戦進行は仕方なかったかもしれない。
結果、黒中押し勝ち。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする