三々定石後の呼吸(2)

 テーマ図「勢力圏の間合い」


黒1に白2と先手で補強した後、右辺をどう割るかがポイントです。
左上の黒への攻めも狙いたいですが、右下に黒が控えており注意して臨む必要があります。
前回に続き、現局面ではAとBの選択肢の中でどちらを選ぶべきか、考えてみてください。

 正解図「余力を残す戦い方」


白1と右上の黒に迫るのが余裕を持った戦い方です。
黒2には白3とプレッシャーをかけて白有利な戦いに持ち込めるのが特徴。
石を高く構えているので中央へ脱出しやすく、黒からの厳しい反撃を受けづらいです。


黒4と包囲網を破りにきても、白5から11と分断して白好調な展開です。
続いて、黒Aには白B以下と緩めて右上の黒を飲み込みにいきます。

 参考図1「足早に立ち回る」


黒2、4と連絡を図るなら、白5と上辺の模様を拡大して白十分。
右辺の白は軽い石なので、黒Aと飲み込みにきても白B以下と捨てていく要領です。

 参考図2「競り合いに発展」


白1と低く打つのは、黒2から4と反撃された時に競り合いへ発展します。
黒10まで、互角に近い戦いですが、右辺の白は取られる訳にいかず油断できない戦いです。

 まとめ


黒の援軍が控えている局面では、白1と高く迫るのがオススメ。
戦いに余裕が持てれば、相手の出方に応じて自在に立ち回れるからです。
必ずしも「攻め」を見るのではなく、発展性を削げば良いことも留意しておきたいところ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする