肩ツキの戦術

 テーマ図「変幻自在の戦術」


黒1の肩ツキは相手の出方を見て、後の打ち方を変える高等戦術です。
一般的には白AかBの二択ですが、いずれも黒悪くない石運びになります。
使いこなせると非常に有力な戦術になり得るので、ぜひ習得してみてください。

 参考図1「利かしの意味」


白1と受けるなら、黒2から4と大場に走って黒悪くない配石になります。
白Aなど下辺を占めても、黒Bと軽く消されて大きな地を見込めないのがツライところ。


白5と手厚く打つのは、黒6以下左辺を割れば厚みの働きを削げるので黒十分です。
黒Aとハネ上げる手段があり、この図も下辺に大きな白地が見込めず白不満でしょう。

 参考図2「発展性の拡大」


白1と地に辛く受けるのは、黒2と右下の模様を広げていきます。
次に黒Aと押さえ込めれば、立派な布陣を敷けるので――、


白3、5と意図を崩しにきても、黒6でAとBの大場を見合いにして黒悪くない展開。
白が下から受ける場合は比較的簡明に黒ペースの碁形を築けます。

 参考図3「白の対抗策」


単に受けるのは黒の意図に入るので、白1と外す手法が表れ始めました。
黒2と素直に分断するのは、白3から5と下辺を補強しながら黒への攻めを見ます。
下辺の競り合いで右下の黒が薄くなる可能性があり、正面から戦うのはオススメしません。

 参考図4「形を決めない石運び」


白1に受けず、黒2から4と大場に走るのが簡明策です。
局面の状況を見て、黒Aを実行すれば良いですし、白Aと受けるのは利かされて打ちづらい。
ただ、白は単に受けるよりも改良されており、最近はこうした受け方をよく見ます。

 まとめ


黒1に対して白A~Cの手段が考えられますが、何れも互角以上の展開になります。
比較的わかりやすく打ちこなせるので、すぐに実戦で活用できるのではないでしょうか。
特に右辺側の配石では有力に働くことが多く、この戦型自体を強くオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする