初段上達シリーズ(8)【捨石のコツ】

捨石が初段の壁を超えるカギ

基本的に石が取られないように打つものですが、助けると苦しくなる局面は多々あります。
ただ、理屈で捨てる方が良いと考えていても、実戦で石を捨てるのは勇気がいるもの。
いろいろな実戦例や図を見て、少しずつ捨石のコツを掴んでいきましょう。

 テーマ図「分岐点の判断」


白2と隅のサバキを封じられた時、左下の黒一子をどう見るかがポイント。
石を助け出すべきか、それとも捨てるべきか、実戦で正しく判断できれば相当です。

 正解図「軽快な石運び」


黒1と右下の模様を広げるのが好判断です。
白2で左下の黒はほぼ動けない形ですが、黒3と広大な土地を築けば黒十分な局面。
後に黒Aの手段が残されており、黒の楽しみが多い局面と言えるでしょう。

 失敗図「悪影響広がる」


黒1から5と逃げ出せば捕まることはありません。
ただ、中央付近に白石が集まったため、右辺方向の模様化が難しくなっています。
白Aの打ち込みから下辺の黒が包囲される手段も見られており、黒良くない展開です。

 参考図「発想は同じ」


黒1から5と形を決めて捨てる打ち方も考えられます。
黒7まで、正解図と似た発想で右辺を模様にできたので、方針として正しいです。
ただし、白Aの肩ツキが形の急所として残っており、中盤戦で難儀するかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする