三々入りの攻防

 テーマ図「三々入りの収束方法」


白Aの両カカリではなく、単に白1と三々入りされた場合の対処方法を紹介します。
黒は一手少ない場なので、部分的で良くなるよりも全局的に打つのがポイントです。
初見ではどう対処すべきか迷う可能性があり、ある程度準備すべき形の一つでしょう。


多くの場合、黒2と遮るのが無難な対応になります。
白3から7と右上を守られた時、黒8と応じるのが大切な一手です。
仮に白Aと穏やかに受けるなら、黒Bで強固な布陣となり黒満足なワカレ。


白9と形を崩しにきた時、黒10と相手の出方を見るのが肝です。
白11、13には黒14と白三子を包囲して黒悪くない展開となります。
AやBの動き出しはありますが、今すぐなら黒良しのワカレに収束します。(参考図2を参照)


白15のツメには黒16、18と丁寧に対応するのが無難です。
Aが利いているので、上辺の白三子はほぼ取れていると見て良いでしょう。
一手少ない状況でこれだけの形を得られれば、黒十分な戦果と言えます。

 参考図1「動き出しへの奇手」


白1、3と地に辛く受けた場合、黒は右上を受けず黒4と大場に走るのが機敏。
上辺の黒陣は見た目以上に頑丈であり、この戦型では放置しても耐えられます。


白5から9と先手で左上を決めた後、白11と追及していきます。
上辺の黒陣が崩壊寸前に見えますが――、


黒12から16と封鎖した後、白17の切りに黒18のサガリが用意された好手です。
黒陣は薄く見えますが、白の手数が短く厳しい追及が続きません。


白19から23と封鎖くらいですが、手番を得た黒は黒24と大場に走れるので成功です。
黒は右上の追及に2手分手抜きし、左上と下辺に走れたので黒優勢と見て良いでしょう。

 参考図2「厚みで対抗」


黒1に白2から10と強引に突破を図った場合の対処を見ていきます。
この進行では、右上の黒を助け出すのが難しいのですが――、


黒11以下と右上を捨石に外周を厚くするのが好判断です。
黒A以下で先手セキにする手がある上、白が手を戻すならEやFの好点を占めて黒優勢。
局面次第では脅威になりますが、白の動き出しはほぼ心配しないで良いでしょう。

 参考図3「柔らかく対応」


白2には黒Aのワリ込みも有力ですが、ここでは黒3の押さえ込みを推奨します。
当然、白Bと切断しにきますが――、


白4には黒5、7と封鎖してから、黒9と右辺に模様を築いて黒十分な展開。
大局的には黒悪くない局面であり、AやBを使い分けられるのも黒の強みです。

 まとめ


以上より、黒1には白2と受けて対応するのが無難と言えるでしょう。
単に三々入りされた場合の対処に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする