第10回穹窿山兵聖杯世界女子選手権8強戦

藤沢、世界戦ベスト4進出!

10月31日に中国で「第10回穹窿山兵聖杯世界女子選手権」の8強戦が行われた。
日本の藤沢里菜四段が中国の陸敏全五段に勝利し、自身初のベスト4入りを果たした。
主要な女流世界棋戦でベスト4入りを果たしたのは、日本では初めての快挙。(参照はこちら)
以下に本日の結果と明日の組合せをまとめたので参照ください。

【10月31日(木):8強戦の結果】
藤沢里菜四段(日)―陸敏全五段(中)
周泓余五段(中)―王晨星五段(中)
芮廼偉九段(中)―李赫五段(中)
崔精九段(韓)―於之瑩六段(中)

【11月1日(金):準決勝の組合せ】
藤沢里菜四段(日)―周泓余五段(中)
芮廼偉九段(中)―崔精九段(韓)

今まで藤沢四段は世界戦で大きな結果を出せず、歯がゆい思いが募っていたはず。
だが、今年は韓国女子リーグでの躍進に加え、おかげ杯国際戦で崔精九段に勝利している。
本棋戦を勝ち上がり、悲願の世界戦優勝の栄冠を日本に持ち帰ってほしいところだ。

 実戦譜1「正確な形勢判断」


黒番が陸敏全五段、白番が藤沢里菜四段です。
白1に黒2と右下を囲われますが、ここで白3と冷静に上辺を広げるのが好点。
上辺の模様が地になれば白良しですし、Aなどの狙いが残せたのも白の自慢です。


黒4と突入されますが、白5が連絡を図りながら上辺の黒を孤立させる好手になります。
黒6から10と抵抗を試みられても、白11と遮断すれば白有利な戦いに導けます。
この後、藤沢は上辺の黒を全滅させることに成功し、勝利を掴みました。
結果、白中押し勝ち。

 実戦譜2「現代的な打ち方」


黒番は崔精九段、白番は於之瑩六段です。
黒1の肩ツキに受けず、白2など下辺を占めるのが現代的な受け方です。
続いて、黒Aは自ら攻めの標的を与えるため、黒3など他方に打つのが現代のセオリー。
黒5まで、下辺の肩ツキを囮に要所を占めるのが、よく用いられる手法の一つです。
結果、黒1目半勝ち。

 実戦譜3「定石後の構想」


黒番は李赫五段、白番は芮廼偉九段です。
白1に黒2から8と白一子をカミ取れば、黒悪くないワカレと見られていました。
しかし、白9のワリ打ちがAとBを見合いにした好点で、右辺の白を厳しく攻められません。
こうした局面では白の意図に入るので、配石には十分注意しなければならないようです。
結果、白中押し勝ち。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする