ツケ二段対策の布陣(2)

 テーマ図「全局的なバランス」


前回は黒良しのワカレに収束したので、白の別案を検証していきます。
黒1のツケに白2、4と強気に裂いて戦うのが最強の追及手段です。
ここから全局的に広がる競り合いへ発展していきます。


黒5から11と石の調子で形を整えるのは常套手段。
白14まで、黒が不利な戦いに見えますが、柔軟な発想で乗り切る手段を用意しています。


黒15と動き出すのは出発点。
白16と黒17を交換した後、白18から20で黒四子がほぼ制された格好に見えますが――、


黒21から25と厳しく反撃されて、白の受け方が非常に悩ましい。
たとえば、白Aと受けるのは黒B以下で外回りが相当苦しい格好になります。


白26から30の受けが苦肉の策ですが、黒31と下辺を占められて白の打つ手がありません。
黒AやBより左辺は大きくならない上に、Cと下辺を厚くする手があり白は防ぎ切れない。
一方、黒は相手の動きを見て何れかを決めれば良いので、黒面白いワカレでしょう。

 参考図1「実がない押し切り」


白1以下と気合で押し切るのは採算のない打ち方です。
左上が弱体化するため、白15と封鎖し切る必要があり黒16に回られては黒良しです。

 参考図2「大模様で対抗」


黒1に白2と反発するなら、勢い黒3と出ていくところ。
白4には黒5と間隙を突いて、相手の出方を見るのがポイントです。


白6、8は堅実な受け方ですが、黒9と下辺の白一子を腐らせて黒悪くないです。
白10には受けず、黒11とAのノゾキを牽制しながら下辺を広げるのが好判断。


白12、14と左辺を広げられても、構わず、黒15以下と下辺から右辺を拡大します。
左辺の黒が取られたのは小さくないですが、AやBなど荒らす手段があり黒若干打ちやすい。

 参考図3「機敏に立ち回る」


前図を避けるため、白1と下辺を割りにくるなら黒2、4と上から圧をかけます。
白5、7で下辺の黒が分断されますが――、


黒8、10と先手で治まった後、黒12と急戦模様に仕掛けるのが機敏。
下辺について、白Aと追及されても黒B以下でいきているので手入れは不要です。
黒は中央の主導権を握っており、上辺の戦いは黒有利と見て良いでしょう。

 参考図4「手厚く収束」


白2、4には黒5と手厚く受けるのが冷静です。
白Aがあるため、黒は白二子を飲み込むことはできませんが――、


白6、8と頑張るなら、黒11と下辺の白を封鎖していきます。
白は下辺が飲まれては大きすぎるため、守る必要があります。


白12から20と生きるのが相場で、黒21と左辺を守って一段落のワカレ。
白の実利が優るか、黒の厚みが活かされるか、後の打ち方が焦点になる展開です。

 まとめ


白1と反撃された場合、黒2から4で互角以上のワカレになります。
局面次第では白有利に働く可能性もあるので、紹介した変化は事前に想定したいところ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする