ツケ二段対策の布陣(1)

 テーマ図「進化する隅の攻防」


最近、白1と広く挟んで対抗する手段が打たれています。
黒Aのツケへの対策であり、何も考えずにサバキにいくと白が容易に優勢を築けます。
まずは白の意図する進行から見ていきましょう。


黒2、4のサバキの常套手段に対し、白5の引きが用意された対抗策です。
黒Aは白B以下と下辺を占めながら右下の厚みを容易に牽制できるので白悪くないワカレ。


黒6と封鎖を嫌うなら、白7から9と眼を奪いながら隅を固めます。
黒10の反撃に白11のコスミで受けるのがわかりやすいです。
黒A、白B、黒Cと頑張るのは、白Dが急所で黒窮しています。


黒12と頭を出す相場ですが、白13から17と居直れば右下の厚みの働きを削いで白十分。
黒Aには白B以下と補強して息の長い碁にすれば、コミを活かした碁形にできます。


黒18以下は一例の進行、後に白A以下の狙いがあり中央の主導権は白が握っています。
穏やかな局面に導ければ、コミの利がある白としては作戦成功と言えるでしょう。

 参考図1「スピード重視」


黒2と受けるのは、白3から5と足早に下辺を占められて黒不満。
左下の白はAのダメが空いている分、見た目以上に弾力ある形になっているのが白の自慢。


黒6、8と左辺の白陣を消すなら、白9のノゾキで相手の出方を見ます。
黒10のツギには白11と黒12を交換した後、白13から15と押さえ込めるのが大きいです。
ノゾキがシチョウアタリとなっており、黒Aは白B以下で簡単に整形できます。

 参考図2「黒の対抗策」


今までの変化を打開するため、黒1から3の対抗策が生まれました。
白はAかBの何れかですが、どちらも黒悪くないワカレに収束します。


白4と素直に受けるのは、黒5から9と下辺を占めながら左下を補強します。
白Aは黒Bとコウに弾ける格好であり、左下の黒は見た目以上に弾力があります。


白10など備えが必要であり、手番を得た黒は11から15と積極的に仕掛けていきます。
▲の配石が左下の守りと左上の攻防に働く好点となっており、黒悪くない展開です。

 参考図3「地に辛い展開」


白1と外周を厚くするなら、黒2と隅に食い込んでいきます。
シチョウは黒良しなので白3から9と受けるところで、黒10と左辺を割れば黒悪くない。
コミの負担が重い黒としては、地を稼ぐだけ稼ぐ戦術は有力と言えるでしょう。

 まとめ


白1のハサミは黒のツケ二段対策として打たれた手法です。
それに対する対策が黒2、4と左下の白へ働きかけるものでした。
本図の形になっては白不満な展開となるため、次回は白がどう戦うべきか見ていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする