一間バサミへの両カカリ

 テーマ図「狙いを秘めた攻防」


黒1のカカリに白2と狭く挟む手法は昔からよく打たれるものです。
最近は黒3の両カカリで対抗する実戦例が増えており、有力と見られています。
黒はどういった意図で打ち進めるのか、一つ一つ検証していきます。


白4、6と左方に働きかけるなら、黒7以下と強く対応するのが黒の意図です。
白はAかBの何れかを守る必要がありますが――、


白9には黒10、12を決めた後、黒14のツケに回るのが一連の流れの狙いです。
黒Aのサガリを見られており、白の受け方が悩ましいところ。


白15、17と備えても、黒A以下の手段が残っており白地でないのが泣き所。
黒20まで、左辺に立派な陣を敷けたのも大きく、黒悪くない展開と言えるでしょう。
両カカリは本進行を意図として打たれることが多いです。

 参考図1「機敏な打ちまわし」


前図の進行を避けるため、白1と連絡を断つなら黒2と連絡します。
白3と封鎖されて左辺と左下の黒が窮屈に見えますが――、


黒4と白5を利かした後、黒6以下と左下の生きを図ります。
白は左下で生きられた代償に白9と左辺の黒への攻めを狙っていきます。


黒10の押しから整形を目指します。
左下の白に寄り付かれないよう、白11から17と厚くする処置は必要な手続き。
その間に黒18以下と左辺を手厚く治まれば、全ての黒を補強することができます。
白は厚みを背景に、白Aと広げても黒Bと消せば黒十分な展開です。

 参考図2「簡明にかわす」


白2には黒3、5と大場に走るのがわかりやすい対処法。
白6と制されても、AのスベリやB以下の利かしがあるので黒不満ない進行。
黒7と左辺をヒラいて、左下の厚みを牽制できているのも黒の自慢です。

 参考図3「白厚いワカレ」


黒2から8と追及するのも考えられますが、基本的には白十分なワカレと見て良いでしょう。
ここでは黒AとBの手段を見ていきます。


黒10から16と形を決めるなら、白17と外周を厚くする進行を目指します。
一方、黒は左下隅を地にするように策動していきます。


黒18から26と手順を尽くして地を稼ぐも、白27の抜きで白の厚みが優ります。
続いて、黒28の逃げ出しが強烈に思えますが――、


白29、31と外の傷を補強していきます。
黒32の切りには白33以下と下辺を補強しながら中央を厚くして白有利なワカレです。

 参考図4「厚すぎる壁」


黒3、5と左下隅に働きかける手法も考えられます。
黒7まで、AとBを見合いにして黒成功したように見えますが――、


白8、10と外周を厚くするのが好判断です。
左下の稼ぎも悪くないですが、厚みに劣る上に後手なので黒不満と見るべきでしょう。

 まとめ


黒1、3の両カカリに白AかBの何れかが考えられますが、黒悪くないワカレとなります。
比較的わかりやすい変化で収束できるので、様々な局面で応用が利くはずです。
単に三々へ入りたくない場合に活用すると良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする