小目のケイマジマリ布石(3)

 テーマ図「肩ツキの柔軟戦法」


白1の肩ツキは小目のケイマジマリへ手をつける代表的な手法。
黒2と受けるなら、白は続けて打たずに白3と大場に走るのがオススメです。
相手の出方を見て自由自在に立ち回れるのが本戦術の長所です。


黒4の受けには白5と地を稼ぎながら上辺の黒模様化を未然に防ぎます。
黒6とハサまれても、構わず白7とさらに実利を稼いでいきます。
黒8まで、右辺は黒理想形の模様に見えますが――、


白9と右辺の模様を消すのが用意された絶好点。
黒Aなど右辺を囲うのは白Bと中央の主導権を握られて黒ツライ展開です。


黒10と反撃するなら、白11から17と先手で補強してから白19の大場へ走ります。
上辺の厚みの働きを削りながらA~Cの好点を睨めるので白打ちやすい局面でしょう。
柔軟に立ち回ることで、難しい技術を用いずに序盤で優位を築けます。

 参考図1「発展性を制限」


黒1のハサミにも白2と大場へ走るのがポイントです。
黒3と右辺の模様を広げようとするなら、白4から6と上から圧力をかけます。
黒はシチョウが悪いため、黒A以下の追及はうまくいきません。


黒7から13と受ける相場ですが、白14以下と地を稼いで白十分でしょう。
△により上辺の黒模様化は望めませんし、右辺の発展性も皆無となっています。
こうした図を序盤の数手の段階で想定して、配石していきたいところ。

 参考図2「先を見据えた構想」


前図を避けるため、黒2と右下の白にプレッシャーをかけるのも考えられます。
ただ、これも白3と地を稼ぐことで相手の打ち方が悩ましくなっているのです。
例えば、黒Aと制すのは白Bと右辺の模様を消されて黒悪いですから――、


黒4と頭を叩いて右辺を広げたいところ。
これには白5から15と右下隅を削って白の実利が活きる展開となります。
右下に築いた厚みも、△によって活かせない局面へと誘導されているからです。

 参考図3「模様を築かせない」


黒1と地に辛く受けるのもありますが、今度は白2以下と右辺の黒陣が痛みます。
上辺と右辺に大きな模様を望めず、黒が右上に3手多くかけた利がほとんど失われています。

 参考図4「模様はまとまらない」


黒1と広く挟むなら、素直に白2と隅に入るのがわかりやすいです。
白10まで、Aの荒らしとBの消しを見合いなので、右辺の黒陣はうまくまとめられません。
△と▲の交換により、右辺を消しやすくなっているのが白の自慢です。

 まとめ


△と▲の交換により、上辺と右辺両方に黒模様を築きづらい碁形にするのが白の意図。
たとえば、黒A以下と広げても、白Dで簡単に消されて黒不満な展開となります。
大局的な判断が要求される戦術ですが、一つ一つは難しくないので挑戦してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする