棋力向上の詰碁162


【黒先白死:上級~有段者】
実戦頻出形の死活でしっかり仕留められるようになりたいところ。
詰碁を解き慣れている方なら、この瞬間にどの筋が意図なのか見えるはずです。

 正解図「根拠を奪う手筋」


黒1と白2を交換した後、黒3と急所を突くのが出発点。
白4と受けられて腹中の黒一子を助け出すのが難しく見えますが――、


黒5のコスミがAとBを見合いにして連絡する手筋。
実戦でよく表れる手筋なので、使えるようになりたいところ。

 正解変化図「抵抗を封じる」


前図の変化を避けるため、白4と抵抗するなら黒5と眼を奪います。
続いて、白Aは黒Bで三目中手となります。


白6はコウに持ち込む狙いですが、黒7から9で中手に導けるので黒成功。
こうした基本死活は覚えてしまうと実戦で役に立ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする