小目のケイマジマリ布石(2)

 テーマ図「横ツケの解析」


前回の引き続き、小目のケイマジマリの布石を検証していきます。
白3はシマリへ手をつける常套手段で、最近多用されている戦術の一つです。
ただ、黒から様々な打ち方があり、的確な対応をするのが難しく高い実力が要求されます。

 参考図1「バランス感覚」


黒1には白2から6と右辺に立派な陣を築くのが意図する進行。
右上の黒陣も悪くない構えですが、右上の形を活かした打ち方が難しく白が打ちやすいです。


黒7、9には白10など大場に走って白足早な展開と言えます。
例えば、黒11と上辺を広げるなら白12、14と制限しながら右辺を拡大して白好調です。
黒Aと囲うなら白B以下で右辺のスケールが広く、黒不満です。

 参考図2「模様制限が本命」


黒1と広げるなら、白2の打ち込みから手をつけていきます。
シチョウは黒良しであるため、黒Aのツケが厳しそうですが――、


黒3には白4のハネ出しから外周を厚くするのがポイントです。
白の打ち込みは上辺の黒模様を消す調子を求める手法でした。


黒9、11と守る相場ですが、白12以下と形を決めた後に白20と大場に回って白優勢です。
左辺一帯で白が主導権を握る碁形となり、黒苦しい展開と言えるでしょう。
▲と拡大したタイミングで模様を消すのが本戦型のコツです。

 参考図3「柔軟にかわす」


黒2と右辺を割る変化も想定したいところ。
白3に黒4、6と右下にプレッシャーをかけられますが、冷静に対処すれば問題ありません。


白7から11と右下を整備するのが急務。
黒12と上下の白を分断されても、白13以下と守ればそれぞれ弾力ある形を築けます。


黒16には白17以下と上下を補強して足早に走れます。
右辺の黒を攻める狙いもあり、戦いの主導権も握って白打ちやすいでしょう。
ただ、これはほんの一例なので、無数の追及手段をかわすのは容易ではありません。

 参考図4「利かしの効果」


黒2と穏やかに受けるなら、白3と右辺を占めていきます。
ツケ一本ですが、右辺の白への追及が大きく緩和されているのです。


黒4には白5、7の切り違いで容易にサバけます。
白11に黒Aと受けるのは白Bと外回りを厚くして黒ツライ形を強いられます。


黒12には白13とシチョウで抱えるのが大きい。
黒14、16と右下が孤立させられても、白19から21で簡単にシノゲます。
続いて、黒Aは白B以下でゆとりある形を築けます。

 参考図5「強襲は手抜き」


白1に黒2と反撃された場合、正面から戦わずに白3、5と手抜きするのがオススメ。
黒6にも受けず、白7とひたすら走るのが強襲へのわかりやすい対策です。
後に白Aも残っており、悪手になっていないのが白の自慢です。

 まとめ


白1のツケは相手の出方を見て、地を稼ぐ速度を上げる現代流の手法です。
それだけに複雑な戦いになった場合、それを全て受け止める必要があり高い技術が必要。
ただ、上を志す者としては使えるようになりたい戦術の一つと言えそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする